北浦和 ラーメン喜久と与野にあった香雅の思い出

北浦和界隈にお住まいの方はご存じ、お馴染みのラーメン屋さん喜久。昼時や夜の行列を頻繁に目にしていましたが、お店には長いこと行っていませんでした。

ちょうど夕食時に17号国道下り線を通過していて、あの赤い看板を目にし、「久しぶりに入ってみよう!」とUターン。

喜久さんを左にし、東京よりに少し戻った場所にあるTSUTAYAのコインパーキングに車を止め向かってみました。

スポンサーリンク

相変わらず美味しい喜久

幸運にもカウンターに空きがあり、すぐに座れ、もやしそばと餃子を注文。

普通に美味しい、街の中華屋さんの味です。味やおすすめメニューについては、「北浦和 喜久」等と検索すればたくさん出てきますので、そちらをご覧下さい。

カウンターでズルズルと麺を啜りながら、色々な疑問や思い出が浮かんできました。

素朴な疑問として、喜久さんのもやしそばって、こういう味だったけかな……?ていうか、俺、喜久さんに入ったのいつ以来なんだ……?

色々考えていると、こちらの来たの、20年振り(もっとかも!)だったみたいです。味が思い出せない訳だ。私は中学生の頃、1人でこちらに来てはラーメンやら餃子を食べていました。少ないお小遣いをやり繰りして、腹ペコにしてここに来るのが凄く楽しみでした。

高校生時代にも来ていたと思いますが、20代30代前半に来た覚えはありません。いや、本当に久しぶりでした。

頻繁に来ていたころから20数年は経っています。ていうと、目の前で鍋を振っている店主も同じようにお歳を重ねていらっしゃるはずですが、中学生時代にいた店主と同じ方なのかも自信がない。

与野にあった毒舌と大盛りが売りの香雅

こちらの盛りの良い麺類や定食を見ていて、また別の店を思い出しました。それは与野市にあった香雅(こうが)という中華料理屋さんです。

香雅さん、メニュー内容としては喜久さん同様、麺類や定食が充実していたラーメン屋さんです。量や盛りは、喜久さんを上回る多さ。そして何より店主が(一緒に働いている中年女性パートさんへ)独特の毒舌を誇るユニークなお店でした。与野の毒蝮って感じ。

香雅のタンメンをもう一度食べたい

香雅さんへ行くといつも頼んでいたのはタンメン。若かったのでそれに加えてイタリア飯や独特のネーミングのご飯類。10代の自分にもきつい量でした。

残念ながら、香雅さんはかなり前に閉店となり、店があった場所はコインパーキングになっているようです。(国道17号赤山通り交差点付近。ローソン与野下落合店や日産プリンスがある場所)

香雅のおじさん、今は何やってるのかな?またあのタンメンや変わり種ネーミングのご飯類食べたいんだけど。

喜久(キク)
埼玉県さいたま市中央区新中里1-14-17

地図はこちら
駐車場は無し。17号国道沿い、喜久さんから少し東京方面に戻ったところにあるTSUTAYAのコインパーキングが良いかと。路駐は止めましょう。

香雅さんがあった場所は以下のリンクから。日産プリンス斜め向かい、今はコインパーキングになっている場所あたりでした。

大きな地図で見る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 与野市 より:

    香雅、懐かしですね。私は焼き肉飯とスタミナ飯のファンでした。また、あの毒舌を聞きながら是非、食べてみたいですね!

  2. 管理人 より:

    コメントありがとうございます。香雅、本当に懐かしいです。あのボリュームと大将の毒舌は忘れられません!私はタンメンとスタミナ飯がお気に入りでした。

  3. 与野市 より:

    スタミナ飯に付いていたゆでたまご入りのスープも美味しかったなぁ〜
    もう味わえないのかなぁって思うとさみしいです。

  4. 管理人 より:

    本当ですね。あの味は今でも頻繁に思い出します。ガッツリ食べたい時、香雅が今でもあれば!