Jetpack by WordPress.comのコンタクトフォーム

WordPressを利用したサイトやブログにおいて、コンタクトフォーム機能を実装する為に、今までほぼ100%近くContact Form 7を利用させてもらっています。

Contact Form 7

現在も、当方で管理しているWordPressサイトのほとんどでContact Form 7を使用中ですが、Jetpack by WordPress.comプラグインでコンタクトフォーム機能が加わりましたので、当サイトで利用してみることにしました。


Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.comコンタクトフォーム設定方法

設定方法は非常に簡単かつシンプル。(Jetpack by WordPress.comプラグイン、インストール後の設定は省略させていただきます)

今回は固定ページにコンタクトフォームの設定をしました。投稿でも使用することが出来ます。

固定ページを新規追加すると、エディタ部分の「メディアを追加」アイコンの横に、フォームアイコンが表示されます。

WordPressプラグイン、Jetpackのコンタクトフォーム設定アイコン図示画像

コンタクトフォームアイコンをクリックすると、フォーム作成画面がポップアップ表示されます。

コンタクトフォーム作成画面、ポップアップ状態の画像

コンタクトフォーム設定画面

最初にポップアップ表示されるフォームビルダーで、既に基本的なフィールドが設定済みになっています。

フィールドを追加したい場合には右の「もっとフィールドを追加できますか?」セクションの「ここをクリック」をクリックすれば、フィールド追加可能。

コンタクトフォーム作成画面、メール通知設定画面

コンタクトフォームから送られたメッセージの受信アドレスや件名の設定が出来ます。

上の図、メール通知画面ではコンタクトフォームから送られたメッセージを受け取りたいメールアドレスの設定と、件名の設定が可能。「件名はどのようなものが良いですか?」フィールドに「自サイト名(ご自分のサイト・ブログ名)からの問い合わせ」等のような文言を入れておけば受信時に分かりやすいでしょう。

メール通知画面での設定を終え、フォームビルダー画面に戻り、左下にある「このフォームを投稿に追加」をクリックすれば、コンタクトフォームの設定は完了。

とても簡単にコンタクトフォームの設置が可能です。

また、Jetpack by WordPress.comコンタクトフォームを使用し送られたメッセージやフィードバックはAkismetプラグインが有効化されていれば、Akismetフィルターを用いてスパムのチェックがなされます。