のんびり楽しめました!「ひがしまつやま花火大会」

もう9月になり、秋の気配を感じる今日この頃ですが、夏の思い出レポートとして埼玉県東松山市で開催された「第13回ひがしまつやま花火大会」についてご紹介します。

今年の夏、地元や帰省先等で花火大会を楽しまれた方も多いはず。当ブログでは埼玉県内で開催される花火大会情報を色々とアップして参りました。

しかしながら当の本人が花火大会をゆっくり見に行く時間が取れず、週末になるとあちこちから響いてくる「ドーン!」という花火の音を恨めしく聞いていました。

このまま夏が終わってしまうのは惜しいと考えていたところ、東松山市内に住む友人家族から「近所で花火大会やるけど見においでよ」とお誘いを受け、時間も取れましたので喜び勇んで遊びに行ってきました。

スポンサーリンク

ひがしまつやま花火大会はロケーションがいい、のんびりゆっくり楽しめます。

行ってきたイベントはこちら、ひがしまつやま花火大会
東松山観光協会Webサイト内

開催日は8月25日(土)。雲少ない夜空に恵まれ、スタートからラストまでゆっくりと楽しんできました。

関越道経由でも下道でも

こちらの花火大会を訪れたのは初めて。

私の住んでいるさいたま市内から東松山まではそれほど遠くありません。花火大会前に川越で用事もありましたので国道254号線で下道を使いのんびりと向かいました。県南部、都内からですと、関越道東松山インター下車が便利です。東松山インター付近からも花火を眺められます。

イベントスタート30分ほど前に友人宅に到着。友人宅から打ち上げ場所まではやや距離がありましたが、周囲に視界を遮る高い建物が無いので、観覧には問題無し。

庭先にテーブルや椅子を置き、夜風を浴びながら楽しいひとときを過ごせました。こちらの花火大会、都内や埼玉で開催される有名花火大会と違い、無料駐車場や駅までの混雑もひどくなく、特に小さいお子様連れのご家族にはおすすめです。

東松山市、上野本第一交差点付近から。

花火撮影って難しいですね……

視界を遮るものが少ないので、花火が見やすいのがマル。

花火大会終了してすぐ、別の場所で花火大会を見ていた友人家族の長男クンが帰宅しました。学校の友人達と、レジャーシートを持って農道に寝そべって眺めていたようです。どこでも良く見えるからこの花火大会は大好きと言ってました。確かにその通り。

花火大会終了1時間後位に友人宅を後にし、車でさいたま市へ戻りましたが、渋滞に巻き込まれることも無くスムーズに帰宅出来ました。

規模はそれほど大きいと言えない花火大会ですが、のんびり夜風にあたりながら夏の夜を楽しめる「ひがしまつやま花火大会」、ぜひ来年も見に行こうと考えています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする