au Windows Phone IS12T

iOS、Androidで動くスマートフォンは色々と使用していますが、Windows Phoneを初体験!短期間ですが、なかなか興味深いガジェットでした。

Windows Phoneに関しては個人的な興味では無く仕事での必要上から入手。auから発売されているWindows Phone IS12TをYahoo!オークションで購入。2週間程度使用してみたので簡単なレビュー。レビューとまで行かない、感想文になってしまいますがご容赦を。


ちなみに、既に売却済みにつき、現在手元にIS12Tはありません。

au Windows Phone IS12T機種紹介ページ

購入形態、機種詳細

上記の通り、Yahoo!オークションにて新品を落札。落札価格は8,000円程度。カラーはマゼンタです。

au Windows Phone IS12T画像

au Windows Phone IS12T。写真に見えるホーム画面は、初期状態と異なっています。

auの回線契約はありませんので、wifiにて運用。ですので電話としての利用は皆無。

画面のヌルヌル具合が最高

最初に驚いたのが、スタート画面のタイル表示の新鮮さ。そしてヌルヌルとした有機的でスムーズな動き。iPhoneを始めとするiOS利用機器、Android各種機器とは違うインターフェイスと動きがとても斬新に感じられました。

タイルアイコンが並んだスタート画面、各アプリやメニューが並んだメニュー画面とも、アプリやメニューをタッチした後に起動するまでのレスポンスもスムーズ。

PeopleハブMeハブは良い!しかし……

目玉機能のひとつである、PeopleハブとMeハブ。AndroidやiPhone等のように、アプリベースでつながりを見るのでは無く、人を中心として情報を見られるこの機能です。コンセプトおよび使い心地も(当初は)良いと感じました。

しかし使い込むうちに、これが何となくしっくりこなくなってきて。

この機能については、こちらのBlogさんの記事がとても良くまとまっており、分かりやすいのでぜひご一読を。

2011-08-30 Windows Phone 7素敵 かずきのBlog@Hatena

これはまったくもって私の都合なのですが、知り合いや仕事上の関係者がFacebookやTwitterから発する情報を、このWindows PhoneのようにPeopleハブから眺めるのでは無く、各アプリ毎に取得する方が便利だという結論に至りました。

結局、Facebook、Twitterともそれぞれに適していると思われるアプリをインストールし使用することに。これはAndroid携帯やiPhoneの流儀に慣れすぎてしまった私の頭が硬いのかも。いや、たぶんきっとそうでしょう……。

さらに困った点が、愛用しているGoogle+を利用するのに適したアプリが見つからなかったこと。これは残念。

Officeドキュメントの扱いはさすが

もうこれは、謹製ならではの強みでしょう。Excel、Word等Officeファイルの扱いやすさはとても良し。

Microsoft Windows Phoneサイト 純正 Office Mobile が標準搭載で安心

今後に期待

スタイル、スペック等IS12T自体の魅力はかなり高い物でした。既に発表されているWindows Phone8にも期待大です。

Windows Phone7.5搭載のIS12TおよびWindows Phone8が搭載される今後の機種は、特に下記のような方におすすめかなと思います。

  • Officeドキュメントをスマートフォンで閲覧・使用する頻度が高い方
  • 法人利用
  • 家族内で各種SNSを利用されている方(Peopleハブに家族の顔写真が表示され楽しい)
  • Microsoftの各種Webサービスを利用されている方(Hotmail、Outlook.com、SkyDrive等)

また、IS12Tは現在非常に安価に購入することが出来ますので、ガラケーからスマートフォンに安く移行したいという人にもおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする