当ブログの推しはニャオざね!ゆるキャラグランプリ2013開催中

すっかりお馴染みとなった、ゆるキャラ日本一を投票で決定するイベント「ゆるキャラグランプリ」が今年も開催されています。

まず地元の埼玉ネタになりますが、びっくりしたのが都道府県別エントリーでは最多の75キャラがエントリーしていること。埼玉ってこんなにゆるキャラがいたの?と驚きました。正直、エントリー中の埼玉ゆるキャラ達、ほとんどが初めて見るキャラばかりで若干の戸惑いも。

イチオシな可愛いキャラ始め、その他埼玉ゆるキャラをピックアップ。

あらゆる.comの推しキャラ

埼玉ゆるキャラ、どのキャラクターも可愛くておすすめなのですが、当ブログの推しはこのキャラ!

ニャオざね(熊谷市)ゆるキャラグランプリ2013

埼玉県熊谷市、熊谷市役所所属のニャオざねをイチオシとさせていただきます。理由は単に猫キャラが好きで可愛いからなのですが……。そしてこの、熊谷の暑さにやられてしまったかのような倦怠感溢れるポーズが素敵。無給待遇らしいので、ふて寝しちゃうのも仕方ないですね。

ニャオざねへの投票はこちらのページから

埼玉ゆるキャラ、おすすめの3キャラ紹介

ニャオざね以外にもおすすめしたい埼玉ゆるキャラ多数ですが、絞りに絞って3つのキャラをご紹介します。

コバトン(埼玉県)

コバトン

コバトンは埼玉の県キャラ。埼玉県民にはお馴染み?のキャラ。埼玉県の鳥、シラコバトがモチーフになっています。やはり県を代表するキャラということで、ぜひ皆さんに可愛がって欲しいものです。

ゆるキャラグランプリ2013コバトンへの投票ページを見る

つい先日もコバトンの話題が埼玉県議会でも取り上げられました。

知事「コバトンを特命宣伝部長に」 ゆるキャラ上位進出狙う(埼玉新聞)

上田清司知事は30日、県のマスコット「コバトン」=写真=を「特命宣伝部長」に昇格させる考えを示した。 (記事へのリンク

彩夏ちゃん(朝霞市)

読み方は「さいかちゃん」。地域、ご当地の名所名産がキャラクターになっていることの多いゆるキャラですが、この彩夏ちゃんはそれらとは違い、独自のルックスを誇る可愛らしい(ほぼ)2頭身キャラ。

彩夏ちゃん

よーく見ると、髪型が「彩」の字になっているというこだわり。この彩夏ちゃんは、朝霞市で行われる朝霞市民まつり彩夏祭のキャラクターなのです。

朝霞市民まつり彩夏祭の公式サイトでは、彩夏ちゃんのブログを見ることが出来ます。また、彩夏ちゃん年賀状などがダウンロード出来るというかなりの充実ぶり。ぜひサイトをチェックしてみて下さい。

彩夏祭については、去年のイベントについて当ブログでも紹介させていただきました。

朝霞市の花火大会 – 第29回朝霞市民まつり彩夏祭

ゆるキャラグランプリ2013彩夏ちゃんへの投票ページはこちら

うきしろちゃん(行田市)

ゆるキャラグランプリが無ければ知ることは無かったと思われるキャラがこちら、行田市の「うきしろちゃん」。(所属:NPO法人魅力創造倶楽部)

うきしろちゃん

「うきしろ?城が浮くの?」という疑問が浮かび、うきしろとは何なんだと調べてみると……

天正18年(1590)年3月、豊臣秀吉は関東平定のため、そのころ関東を支配していた北条氏の拠点である小田原へ出陣しました。忍城主の成田氏は北条氏に属していたため、秀吉方の武将、石田三成によって攻められることになりました。
6月5日、三成は地形や季節を考えて水攻めを計画し、約1週間で延長28キロにもおよぶ堤を築き、利根川と荒川の水を引き入れるという大作戦をおこないました。
しかし、城が沈まなかったため、これを見た人々は城が沈まないのは浮くからだと考え、忍城は「浮き城」として、その名を轟かせました。現実には、忍城の地形がまわりよりも少し高かったため、沈まなかったと考えられます。(忍城に関する歴史-行田市サイトより

なるほど、行田市にある忍城(おしじょう)から由来するキャラでした。

うきしろちゃんの活躍やツイートは、行田市情報コミュニティーサイトうきしろwalkにてチェックして下さい。

ゆるキャラグランプリ2013うきしろちゃんへの投票はこちらから