ポルシェ911カレラS(type991)レビュー。素晴らしい車です。

ポルシェ911カレラSリアビュー

ポルシェ911カレラSフロント

昨年末、ポルシェ911カレラS(現行の991)を4日ほどお借りして乗る機会がありました。

結論から言えば「最高の車でした。」で終わってしまうのですが、数年間乗っていた997カレラSとの比較も交え、あえて重箱の隅をつつくようなアラも少しつけてお伝えします。


始めにお断りしておきますが、今回お借りした車の写真はありません。
(HDDを漁っていたら、一枚だけ写真が出てきました。)

試乗したポルシェ911(type991)の写真

今回試乗したポルシェ911(type991)の写真。ガラケーでサッと撮ったので見苦しい写真なのがお恥ずかしいです。

試乗車とほぼ同等にカスタマイズしたコンフィギュレーターの画像も貼付しておきます。

911カレラS(991)外観

外装白、内装赤レザーでした。

スポンサーリンク

997との比較

新型911カレラ(991)、サーキットへ持ち込んだ訳ではないので街乗りでのざっとしたフィーリングを。
前述の通り、997カレラ(厳密には997カレラS後期型)に数年乗りましたのでそれとの比較を含めて。

街乗りで感じる落ち着き

991カレラS、997に比べてホイールベースが拡大されています。また前トレッドがかなり拡がりましたね。この効果ははっきりと分かり、少し速いペースで街乗りしただけでも、車体全体の落ち着きを感じました。

PASMの進化もあるでしょうが、ピッチングが997と比べて改善されていると思います。

997に乗り始めた頃は「嫌だなあ、なんだこの感じ」と思え、慣れてきた頃には「この感じがたまらんわ」と感じさせてくれたピッチングが、991では嫌な感じがありません。これがいわゆる、世間で言われているところの「991は安定志向」な所以なのでしょうか。

初めてのポルシェとして最適では?

私としては、この乗り心地と乗り味、非常に好ましかったです。空冷含め、RRポルシェに乗ったことがない方は、雑誌やネットで謳われている様々な褒め言葉から、皆さんそれぞれ911の乗り味をイメージされるのではないでしょうか?剛性感やRRゆえのトラクション……などなど。そのイメージを裏切ることなく楽しさを体験させてくれるのがタイプ991だと思います。

ポルシェ911カレラS(997)の写真

たっぷり楽しませてもらった997カレラS。本当にタフでトラブル無く付き合ってくれました。

991、おすすめのオプション

お借りした991カレラS、まだ慣らしが終わった程度の走行距離でしたが、エンジンの吹けが軽やか。装着されていたスポーツエグゾーストシステムをオンにすると、心地良い排気音とも相まってスピード感と吹け上がりのフィーリングが素晴らしいこと。このオプションはおすすめ。

ただシフトダウン時のバリバリ音は、ちょっと好みが分かれるかもしれません。

そして更にこの991、内装がレザーインテリアで色はカレラレッド!
これが良かったです。今まで赤内装は考えたこともありませんでしたが、これはいいんじゃない?と気に入りました。
(白&赤なので、この車をどこで借りたか分かる人は分かると思います……。)

ポルシェ911カレラS(991)赤レザー内装

今回借りた991と細部は異なりますが、このような感じ。レッドのレザー内装、実物はもっと落ち着いた印象で気に入りました。

自分がもし991カレラ/カレラSを購入する際は

  • PDK
  • 電動可倒式ドアミラー(とうとう電動が付けられるようになりました)
  • スポーツクロノ
  • エレクトリックコントロールスポーツシート
  • スポーツデザインステアリングホイール

これらが、必ず付けたいオプションです。

スポエギはあってもなくても、どちらでもいいかなと考えています。

PCCBは悩みどころ。ホイールが汚れないし、フィーリングも嫌いじゃないのでいいんですけどね。サーキットへ行くこと考えるとどうなのと。

デザイン。圧倒的に991が好き

乗っていた997カレラSと比べて、デザインは圧倒的に991が好き。以上。
で終わらせられる位、991のデザインの方が好みです。特にリアビューは古くさい表現ですが、モダンになりました。

ポルシェ911カレラSリアからの眺め(991)

リアからの眺め。リアデザインは997と比べ991が圧倒的にかっこいいと思います。キャビン周辺のデザインも997と比較し、シャープで一体感あり。

内装が進化

そして内装、特にシフト回りのデザインがカレラGTから続く一連の流れになりました。パナメーラ、カイエンなどと同様のデザインに。これも997比、断然991が素敵。

991カレラS、ルクソールベージュ内装

内装をルクソールベージュにした画像。シフト回り黒の部分からナビ画面までのデザインが997より好み。

デザイン面で991をとても気に入りましたが、997も車としての魅力が劣っていることはありません。新型が出れば現行型は旧モデルになってしまうのは仕方ないですから。

GENROQ(ゲンロク) 2015年 10 月号

あえての難点

997カレラS(後期PDK)を毎日乗り回し、本州ほぼ全域、サーキットにジムカーナ場、良質ダートまで走り楽しませてもらいました。

しかも壊れないんです。本当に丈夫でした。

サーキット走行の際も、今まで乗ってきた国産スポーツに比べてタフなことタフなこと。「これだけローンチコントロール使って大丈夫なの?」とこちらが不安になる程、ジムカーナ場で全開スタートを繰り返してもおかしくなる気配無しでした。
(タイヤ、ブレーキ関係、油脂類はちゃんとチェックして下さいねサーキット行く前は)

991も同じように使える車なはずです。

ただ!ただただ、やっぱりちょいと値付けが高すぎませんか?

また、いつものごとく、各種オプションを付けないと物足りなく感じてしまう点も。これからもずっとポルシェはオプション商法で行くのだと思いますが、最低限これは欲しいなと思えるオプションを足していくと200万くらい追加になっちゃうのは……。

購入を考えている方へ

991の購入を検討している方、羨ましい限りです。本当にいい車ですので。

クローズドな場所で全開に

素人からアドバイスなどおこがましいのですが、最後にひとこと。

991を我が物にした場合、ぜひ公道以外で全開に出来る場所、サーキットやスポーツ走行イベントへ出掛けてみて下さい。これを経験しないのは勿体なさ過ぎます。頼むから行って!と世話焼きおばさんのようにお願いしちゃいます(笑

速い車は世の中にたくさんあります。しかし、911がいかに「速くて強い」かを体験して欲しいのです。

羽モノ(GT3など)が速いのはもちろんです。あと、ドンガラにしていじった空冷も。ただ、997以降のカレラ系が体験させてくれる速さと日常使いの両立っぷりは凄いものがあります。

楽しみ方は人それぞれです。でも出来れば991で一度は全開走行を楽しんで欲しいと思います。

THE911&PORSCHE MAGAZINE(ポルシェマガジン) 2015年 10 月号 [雑誌]

おすすめのイベント

ポルシェ スポーツドライビング スクール – モータースポーツ&クラブ – ポルシェ公式サイト – Dr. Ing. h.c. F. Porsche AG

また、こちらのイベントもおすすめです。サーキット走行をたっぷり楽しめます。
ポルシェ レーシング エクスペリエンス

どちらのイベントも、初心者だからと臆することなく参加できます。両イベントとも、スタッフの方々がとても親切に対応してくれますので、楽しい時間が過ごせるはずです。

過去記事になりますが、イベント参加記をアップしていますのでよろしければご覧下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする