Windows8.1の標準アプリ、「メール」にGmailを追加する

Windows8.1、スタート画面に現れる標準アプリのメール。

Windows8がリリースされた頃と比べ機能が充実し、メールの閲覧を主体として活用するには充分なアプリになりました。私も、読むだけ見るだけのメールが届くアカウントは、この標準アプリのメールにメールアカウントを登録し、利用しています。


Windows8.1 スタート画面のメールアプリケーション画像

お馴染みとなったWindows8のスタート画面。メールアプリもフラットでシンプルなデザイン(画像はWindows8.1スタート画面)

メール閲覧画面もシンプルなデザインで好感が持てます。私はまだ持っていませんが、Windowsタブレットでは非常にメールが読みやすいのではないでしょうか?

そしてメールアカウント、メールアドレスの登録も簡単。Gmail、outlook.comメール(liveメール、hotmail含む)、Yahoo!メールもアカウントとパスワードを入力すれば簡単に設定可能。

今回はGmailの登録を例に取って解説してみます。

※Windows8.1(Windows8)PCにMicrosoftアカウントでログインしていることを前提に書いています。ローカルアカウントでご自分のパソコンにログインしている場合は、どう説明しようかと悩んでいたところ、とても良い記事を見つけました。ぜひそちらをご覧になってみて下さい。

【中島省吾のWindows8道場】Windows 8の標準アプリを使いこなす(メール編) | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト

スポンサーリンク

Gmailの登録方法

Gmailの登録は非常に簡単です。

Windows8のチャームバーを表示させ、数クリック進んでGoogleアカウント(Gmailアドレス)とパスワードの入力ができれば登録は完了です。

チャーム、チャームバーについてはMicrosoft社サイトにて。
Windows 8 基本的な操作 | Microsoft atLife

では実際の登録方法を。

チャームバーを表示させる

メール画面を開いたら、WindowsキーとCキーを押すか、マウスカーソルを画面右上に移動し、チャームバーを出します。

Windows8.1、メールでチャームバーを表示させたところ

マウスカーソルを画面右上に移動またはWindowsキーとCキーを押してチャームバーを表示させます。

チャームバーが表示されたら、バーの一番下にある「設定」を選択。

「設定」をクリック、その後「アカウント」を選択

表示された項目から、アカウントを選択します。

Windows8、8.1標準アプリのメールにメールアドレスを追加

設定をクリック後、画像の状態になりますので、アカウントをクリック。

下は参考画像。私のWindows標準アプリのメールには、すでにGmail、outlook.com、IMAPメールが登録されていますので、登録済みのアカウントがこのように表示されます。

Windows8.1メール、登録済みアカウントの参考画像

参考画像。私はすでにGmail等をメールに登録済みなので、このように登録済みアカウントが表示されます。

アカウントの追加

アカウントをクリックした後に表示される画面に、「アカウントの追加」という文字がありますので、それをクリック。

Windows8.1メール、メールアカウント追加画像

アカウントの追加をクリック

「アカウントの追加」をクリックすると、下のような画面が表示されます。

Windows8.1メール、登録アカウント選択画面

Outlook.com、Google(Gmail)、Yahoo!メールなど登録可能なメールサービスが表示されます。

今回はGmailを登録するので、Googleを選択します。

Googleを選択すると、メールアドレスとパスワードの入力を求める画面が出てきます。

Windows8.1メール、Googleアカウント追加画面の画像

この画面で、gmailアドレスとパスワードを入力。

Gmailアドレスとパスワードを入力し、ログインを押します。

ログイン作業が終了すると、WindowsメールアプリがGoogleアカウントへ許可を求める画面が表示されますので、承認をクリック。

Windows8.1、メールアプリGoogleアカウントへの接続承諾画面

メールアプリとGoogleアカウントの接続を認めるか確認画面。

承諾をクリック後、サインイン情報を記憶するか否かを選ぶ画面が出てきます。これはお好みで。

Windows8.1メール、サインイン情報について確認画面

サインイン情報を記憶するかどうかの確認画面。

この画面で、「はい」を選べば、Googleアカウント(Gmailアドレス)とパスワードを記憶しておいてくれるので、再度入力を求められることはありません。

メールアドレスとパスワードが正しければ、以上で作業完了。
Windows8.1メールアプリで、Gmailの送受信が行えるようになりました。

なお、ご利用中のGoogleアカウントに2段階認証の設定をしていても、所定の手順を行えばWindows8.1メールでGmailの利用は可能です。

POPメールは使えません

今回ご紹介した、Windows8.1標準のメールアプリではPOPメールの利用はできません。IMAPは利用可能です。

Windows 8.1およびWindows RT 8.1に付属するメール アプリでは、POP (Post Office Protocol) を使用する電子メール アカウントの追加をサポートしていません。
Windows 8.1 および Windows RT 8.1 で POP 利用の電子メール アカウントを使用する – Microsoft Windows ヘルプ

このメールアプリの便利な点を最後にもうひとつ。

Microsoftアカウントでパソコンにログインして使っていれば、別のパソコンに買い換えた際も、メール設定が同期されすぐに以前と同様な状態で使い始められます。(要設定)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする