ThinkPad X1 Carbonレビュー その1

二十年ぶりと言われる大雪が降った2014年2月8日、楽しみにしていた物が届きました。それはThinkPad X1 Carbon。

ファンクションキーがタッチキーとなっている適応型キーボード搭載「新しいThinkPad X1 Carbon」ではなく、現在ThinkPadで標準となっている6列キーボードのThinkPad X1 Carbon(第1世代モデル)です。

第2世代の「新しいThinkPad X1 Carbon」と2015年発売第3世代Thinkpad X1 Carbon、ThinkPad X1 Carbon 2016年モデルのレビューやレポートも掲載中です。

試用機型番:3444A13(ThinkPad X1 Carbon 製品仕様書

今回お借りしたThinkPad X1 Carbon、カタログ上では最新機種ではなくなってしまいましたが、日常業務に使用するには充分なスペック。

購入した際に果たして気持ち良く使えるのかという点からレビューしてみたいと思います。ですので本原稿もThinkPad X1 Carbonにて作成しています。

ThinkPadはほぼ初体験

当方、ThinkPadをある程度の期間使うのは初めて。

以前、短期間使用したことはあり、その時に使った機種は名機と言われるThinkPad i Series s30。

ThinkPad i Series s30についての記事
IBM、ピアノ調ボディの新ThinkPad(PC Watch 2001年5月23日)
リレー連載~一筆啓上! ThinkPad~小山安博、かく語りき

この機種、天板のミラージュブラック塗装がとにかくインパクト大でした。ピアノブラックに塗られた天板が非常に美しく印象的。但し指紋がベタベタと付きまくり。そしてキーボードの形状も独特でしたね。タイピングのしやすさを追求したが故、キーボード部分が外にはみ出すような形状をしていました。

ThinkPadに関しては、このThinkPad i Series s30を数日使っただけです。なので当方はThinkPad初心者、未体験者と言って良いでしょう。

そして今回お借りしたThinkPad X1 Carbon。

ThinkPadキーボードのフィーリングが自分に合い快適なのか?
赤ポチのトラックポイントは本当に使いやすいのか?
自分の作業環境に馴染み、使いやすいのか?

などなど、主に使用したフィーリングでのレビューを掲載していきたいと思います。
(発売されたばかりの機種ではありませんので、ベンチマークやスペックに関する詳細はレポートしない予定です)

いきなり発生したルーターとの相性問題

到着したしたThinkPad X1 Carbonを開梱し、電源に接続。何はともあれまずはネットに繋いでみなきゃと起動。

ThinkPad X1 CarbonへインストールされているOSはWindows 8です。

普段、自分が仕事や作業をする環境を構築した上でのレビューをすると決めていましたので、既に所持しているMicrosoftアカウントでThinkPad X1 Carbonへログイン。

必要な初期設定を進め、自宅の無線LANルーター(NEC WR8700N)に接続。ここまで問題なし。

ブラウザを立ち上げ、Gmailやoutlook.comにログイン。ここまでもまた問題なし。

問題はこの後です。利用しているGoogleドライブへGoogle Chrome経由でログインした時は問題がなかったのですが、Googleドライブ内のプライベート用書類を保存してあるフォルダを選択し開いたところ、表示速度がガタ落ち。

いつまでたってもGoogleドライブ内のファイルが表示されません。こんな時はお約束でYahoo!をChromeで表示させようとURLを打ち込んでみても反応なし。読み込み中表示がしばらく出た後、接続不可に。

ChromeではなくInternet Explorerでも同様な症状。うーん困った……。

無線LANを一度切断し、再度接続してみるとこれらの症状は現れませんでした。一時的な不具合かなと思い、作業をすすめようとするとまたもやWebページ閲覧不可。

ワイヤレスネットワークを切断。手動で無線LANルーターへ接続後は問題なくネットへ繋がり、Webページの表示も速く快適。ですがある程度時間が経過すると、Webページ表示が遅くなっていき、その後完全に繋がらなくなるという繰り返し。

切断再接続を繰り返し、いい加減嫌になってきました。ThinkPad X1 Carbonに何か問題があるのか?それとも自宅のネット接続環境が悪いのか?原因を探るために検索してみると……。

どうやら自宅で使っているNEC製無線LANルーターと、ThinkPad X1 Carbonに搭載されているインテルの無線LANパーツの相性が非常に悪いという情報がWeb上に多く掲載されていました。

対処方法も色々と掲載されており、それらを試してみましたが改善の兆しは見られず。仕方なく、手持ちのモバイルルーターに繋いでみたところ、ネット接続は絶好調に。不安定さは皆無。今も快適に接続できています。

相性問題は追及していくとキリがありませんので、今回はひとまず対処をあきらめ、ThinkPad X1 Carbonを使う時はモバイルルーターを用いネットへ繋ぐことにしました。

NEC製WR8700NとIntel製Wi-FiチップIntel(R) Centrino(R) Advanced-N 6205に関して参考にさせていただいたページ

WR8700Nのファームを最新版へ更新。Intel(R) Centrino(R) Advanced-N 6205をIntel推奨設定にしても当方の環境では不具合解消されていません。

いきなりのトラブルで出鼻をくじかれた感じ。
これではせっかく借りたThinkPad X1 Carbonにも良い印象を持てないのではと思いきや、使えば使う程、感心する点ばかり。これは本当に良く出来たノートパソコンです。

普段の作業環境をThinkPad X1 Carbonへ構築完了し、日常の仕事や作業を開始しての感想は続きのレビューにて。

>>Thinkpad割引クーポンはこちら