富士通LIFEBOOK WS2/M、トライアスリートのようなノートPC

LIFEBOOK WS2/Mの後継モデル、富士通LIFEBOOK SHシリーズ LIFEBOOK WS1/Wが2015年10月下旬に発売されました。

LIFEBOOK WS1/Wの特長やスペック、おすすめポイントを紹介する記事も公開中です。

後継機種LIFEBOOK WS1/Wをオトクに購入できる、通常より割引率の大きなクーポンも記事に掲載しています。ぜひご覧ください。

軽くて全部入りノートパソコンの決定版 富士通LIFEBOOK WS1/Wと特別割引シークレットクーポン

先日、知人が仕事用に購入した富士通13.3型ノートパソコン、FMV LIFEBOOK WS2/Mを1日間借用しました。

富士通のノートパソコンを使うのは久しぶり。使い勝手やフィーリングは如何なものか?と期待しながら触ってみると……13型モバイルノートながら、万能機とも言える使いやすさでした。

icon
icon
LIFEBOOK WS2/M、カラーはスパークリングブラック。写真クリックで富士通WEB MARTへ。

Windows 8.1を搭載したLIFEBOOK WS2/Mに触れての感想とレビューをお届けします。


【300*250】わけあり

なお、LIFEBOOK WS2/Mは富士通の直販サイト「富士通 WEB MART」で購入可能な専用モデル。店頭で販売されている同等モデルは型番がSH90/Mとなります。

スポンサーリンク

試用機スペック

CPU Intel Core i5-4200U
メモリ 4GB
HDD 500GB
光学ドライブ スーパーマルチドライブ 着脱式
ディスプレイ 2560×1440ドットIGZO液晶ノングレア
OS Windows 8.1 64ビット版

なお、今回の富士通FMV LIFEBOOK WS2/M、実機の写真も撮りましたが掲載不可。

天板に某ソフトメーカーの巨大ステッカーがペタリ。キーボード部分にも「資産管理番号」がテプラシールでペタッと貼り付けられており、写真を撮るアングルをどう工夫してもステッカーやシールの写り込みが……。文字のみの殺風景なレビューになりますがご容赦下さい。

タフなバッテリーとボディ

LIFEBOOK WS2/Mを知人から借りだし、そのまま近所のカフェに持ち込み。バッテリーはフル充電状態で使用開始。

オプションバッテリーで28時間!

省電力なIGZO液晶搭載も効いているのか、バッテリー持ちが非常に良い!これには驚きました。

試用したLIFEBOOK WS2/Mは標準バッテリーを搭載した、一般的なモデル。標準バッテリーに加え、オプションの増設バッテリーを追加すると約28.1時間のバッテリー駆動!

28時間の七掛けだとしても、20時間以上はバッテリーのみで使えるというタフさには驚き。実際にこの日、標準バッテリーのみで使っていても「これはかなり長時間使えるな」という実感あり。

見た目では華奢そうだが実は堅牢

LIFEBOOK WS2/M、見た目はごつい感じを抱かせず、どちらかと言えば華奢に見えるデザイン。しかし天板やヒンジ部分の作り込みはかなりのもの。

カタログ上の説明では、約200kgfの圧力に耐えるボディとされています。

通常使用する状態に天板を開き、片手でボディを持ち上げてみても、本体にきしみなどは発生せず。天板部分の耐圧性能の高さは、モバイルノートとして使う際に安心できます。

IGZO液晶に好印象

LIFEBOOK WS2/Mに搭載されているのは2560×1440ドットIGZO液晶(ノングレア)。

今までIGZO液晶にはあまり良い印象は抱いていませんでしたが、この機種ではその評価も逆転。色味も発色も好ましいものでした。

しかも2560×1440ドットという超高解像度。モバイルノートに高解像度液晶が搭載されている場合、「写真や画像はいいけど、文字が小さくなりすぎて見にくい」という問題があります。しかし初期設定できちんと拡大表示されるようになっているため、違和感は少なく使いやすいものでした。

ノングレアで写り込みが少ないのもポイント。なお、タッチ液晶搭載のLIFEBOOK WS1/Mは光沢液晶となります。

光学ドライブ搭載、ポートも豊富

日本製ならではの心遣い?このサイズのノートパソコンで貴重な光学ドライブを搭載。

LIFEBOOK WS2/Mに搭載されているドライブ(試用機種はスーパーマルチドライブを搭載)は、着脱可能なため、不要な時はドライブを外せて軽量化できるのも素晴らしい。

HDMIポート、有線LAN端子、RGB端子も搭載と至れり尽くせり。

キーボードのストロークも深めなタイプで打ちやすく、キーの配置もオーソドックスな物。どんな人にも好まれる配置では?

売れてます

名残惜しい気持ちでLIFEBOOK WS2/Mを持ち主に返却した後、店頭モデルのSH90/Mをチェックしに行ってみました某家電量販店へ。

店頭スタッフにこのモデルの評判を聞くと「凄い売れてます」と。

今回LIFEBOOK WS2/Mを自分で使ってみて、人気が出るのも納得。

その店頭スタッフの方曰く、SH90/M(LIFEBOOK WS2/M、WS1/M)を購入したお客さんが後日やってきて、「使いやすいし買って良かった!」と感想を伝えてくれるパターンが非常に多いらしく、販売スタッフ冥利?に尽きると語ってました。

MADE IN JAPANなLIFEBOOK WS2/M、知人のようなマニアから初めてのノートパソコンとして購入検討している方までおすすめできるモデルです。

性能やデザインが気に入ったなら、店頭モデルより富士通直販サイトでの購入をおすすめ。今回試用したモデル、クーポン利用で13万円台で購入できそうです。しかもオフィス付で!

富士通 LIFEBOOK WS2/M、割引クーポンと詳しい情報はこちら
icon

追伸:LIFEBOOK WS2/M、WS1/Mは後継モデルLIFEBOOK WS1/Tが発売されています。詳しくは上のリンクから富士通WEBMARTをチェックしてください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

スポンサーリンク

シェアする

フォローする