ThinkPad 8 レビューその2 キーボードとのコンビ

前回、ThinkPad 8 レビューその1に続く、レノボ製Windows 8.1搭載タブレット端末、ThinkPad 8レビューその2。

インストールしたアプリがタイル状にならぶ、Windows 8/8.1最大の特徴であるスタート画面。

スタート画面で使えるストアアプリの少なさを嘆きつつ、軽々と持ち歩けるWindows端末としてのメリットについて、前回のレビューでお伝えしました。

ThinkPad 8レビューその1を書いた後も、外付けキーボードとのコンビで毎日持ち歩いています。

スポンサーリンク

ThinkPad 8と同時に使ってほしいオプション

アプリがタイル状に並ぶ「スタート画面」だけではなく、従来のWindowsマシンと同様にデスクトップ画面も使えるのがWindowsタブレットの利点。その利点を生かすには、外付けアクセサリの活用が必要だと感じています。

これから書く項目は、Thinkpad 8以外のWindowsタブレットに共通する部分も多いと思いますので、何かの参考になれば幸いです。

外付けキーボードが活きる

フラットデザインが特長のスタート画面。そして今までのWindowsでお馴染みのデスクトップ画面。

2つのインターフェースを使える、良くも悪くもこれがWindowsタブレットのポイント。

特にデスクトップ画面で今までと同じようにWindowsを使うなら、ぜひ外付けキーボードをゲットして欲しいところです。

私が使っているのは、ThinkPad Tablet 2 Bluetooth キーボード(日本語)。

他社Bluetoothキーボードも色々と使えるようですので、特にテキスト入力をThinkPad 8で行いたいと考えているなら必携アイテムでしょう。

クイックショットカバー

ThinkPad 8専用のカバー、「ThinkPad 8 クイックショット・カバー」も使用中。

ThinkPad 8 クイックショット・カバーの画像

液晶保護になるThinkPad 8 クイックショット・カバー。iPadのカバーと同様な機能。耳を写真のように畳むと背面カメラが起動。

iPad等と違い、ThinkPad 8専用カバー・アクセサリー類がサードパーティーから多種多様に発売されることはないだろう……との見込で専用品を購入。

写真のように、カバーをThinkPad 8裏面側へ回した状態で角の部分を折り曲げると、背面カメラが起動します。

商品名「クイックショット」とあるように、すぐ写真が撮れる状態になるのは良いのですが、ついパタパタと耳をいじってしまった際もカメラが起動してしまうのが少々うざいかも。

専用設計品だけあり、本体にはぴったりとマッチします。合わせて購入しておくのが吉かと。

これからが楽しみなジャンル

まだまだ発展の余地あるWindows 8.1タブレットジャンル。ThinkPad 8サイズから10インチクラスまで、今後も様々な製品が発売されるはずです。

ThinkPad 8含めWindows OSタブレットは、ズバリとハマる人にとってはこれしかないというアイテムになるでしょう。

とにかく入手難なのが惜しいところ。最新の供給情報については、ThinkPad タブレット他、タブレット一覧ページをチェックしてみて下さい。

追記:2014年7月から、ThinkPad 8は潤沢に供給されるようになってきました。カスタマイズモデルも入手可能になっています。