2014年の秩父夜祭、有料観覧席・整理券の受付は10月15日より

秩父の年末恒例行事、秩父夜祭(ちちぶよまつり)の時期が近づいてきました。

毎年、このお祭りを楽しみにしている方も多いことでしょう。

「秩父夜祭をじっくり楽しみたい」という人ならぜひチェックして欲しいのが、秩父夜祭の有料観覧席。

スポンサーリンク

2014年(平成26年)秩父夜祭の有料観覧席

秩父夜祭に行かれた方はご存じと思いますが、夜祭での行事で見応えがある

「坂道をグイグイ上がってくる山車」(団子坂の屋台の曳き上げ)

そして冬空に打ち上げられる花火を同時に楽しみたいなら、秩父観光協会が受付を行う有料観覧席(およびその整理券)を申し込んだ方がベストです。

秩父夜祭、有料観覧席の申し込み方法

2014年12月3日に設けられる秩父夜祭有料観覧席への申し込みは、秩父観光協会で受付を行います。

受付開始は2014年10月15日(水)から10月21日(火)まで。

往復ハガキおよび秩父観光協会ホームページで申し込みを受け付けます。

ホームページからの申し込みは、10月15日午前0時に受け付け専用ページが秩父観光協会ホームページに開設される予定です。

受け付け方法や詳細については、以下にまとめてありますのでご覧下さい。

2014年、秩父夜祭の有料観覧席申し込み詳細

有料観覧席開設日
2014年12月3日
申込み受付期間
2014年10月15日(水)から10月21日(火)まで
料金
6,000円(座席場所の指定はできません)
受付方法
往復はがきまたは秩父観光協会ホームページ
往復はがきでの申込み方法
秩父夜祭、有料観覧席申込み方法ページを参照

秩父夜祭、初体験の方へ

冬の秩父は冷え込みます。防寒対策をしっかりして楽しみましょう。

夜祭だけでなく、秩父市内の散策も楽しみたい場合は特に足元の防寒をしっかりと。

秩父夜祭を目的にするも良し、秩父エリアの観光も兼ねて行くも良し。

春は咲きほこる花を愛で、夏は長瀞付近で水遊びやキャンプ。秋は紅葉を眺めに奥秩父。

このように春~秋は多くの人が訪れる秩父エリア。実は冬も魅力的な見どころがたくさんあります。

せっかく秩父を訪れるのですから、夜祭以外のグルメや観光スポットもぜひ訪れて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする