群馬県磯部温泉の見晴館おひとり様プラン

前回の温泉ひとり宿泊で仕事がかなりはかどったことに味を占め、ふたたび群馬の温泉旅館に泊まってきました。もちろん今回もおひとり様プランを使って。

泊まったのは群馬県磯部温泉にある「磯部温泉 ふわふわ豆腐鍋のおいしいお宿 見晴館」。前回同様、楽天トラベル利用。

選んだ宿泊プランは、

【お宿イチオシ!】“驚きのふわふわ豆腐鍋”を夕食で堪能♪1泊夕食のみプラン【おひとりさまステイ歓迎】

前回の宿泊で、

「宿に入ってしまうと外に食事へ出かけるのが面倒」という当たり前のことを学んだので、今回泊まった見晴館さんでは夕食付きプランにさせてもらいました。

スポンサーリンク

「ふわふわ豆腐」が名物の磯部温泉見晴館

3月の平日、早い時間に埼玉を出発。今回も車で磯部温泉へ。

途中、埼玉県内と群馬高崎市内で野暮用があったため、寄り道して宿へ。磯部温泉へ向かうのは2回目とあって、前回よりかなりスムーズに現地着。

磯部温泉街に入り、宿へ向かう道が工事中のため砂利道となっていましたが、特に迷うことなく見晴館さんへ。宿の目の前が駐車場。

磯部温泉 見晴館 入り口画像

磯部温泉見晴館入り口。この日はいいお天気でした。

チェックインしさっそくパソコンを立ち上げ、一時間ほど仕事。一段落したところで温泉へ。こちらの温泉は24時間入浴可なのが嬉しい。

前回泊まった雀のお宿磯部館さんに比べ、風呂はやや狭いものの、脱衣場でも浴場内でも誰にも会うことなく独占状態。湯船を独り占めして手足をのびのびさせられるのはたまりません。

夕食は個室!

ふわふわなお豆腐が名物、とは聞いていたものの、宿のどこで夕食を取るかは不明でした。

「たぶん大広間で集まって夕食だろうなあ」と予想していたらなんと個室!

宿の混み具合にもよると思いますので、ひとり泊でも必ず個室食となるとは思いませんが、これは予想外。他のお客さんを気にすることなく、ビールで喉を潤しながらゆっくりと自分のペースで夕食を楽しむことができました。

この日、他のお客さんも「おひとり様」が多かった雰囲気。ふすまを隔てた隣の部屋で食事をしていた人もひとりだったような……。

楽しみにしていた「ふわふわ豆腐」。美味でした。(写真撮り忘れた……)

磯部温泉見晴館での夕食写真

焼き魚、煮物、漬け物、名物ふわふわ豆腐などなど。男一人の温泉泊でこれだけいただければ満足。お値段もお手頃。

ふわふわ豆腐、もうひとつ食べたいと思えるお味でした。他のおかずにも満足。格安で泊まれ、お腹いっぱいにいただけるのですから文句はありません。

仕事、風呂、仕事……

宿泊した当日、持ち込んだ仕事がかなりの量。食後、少し休憩してひたすらノートパソコンを叩きまくり。持ち込んだモバイルルーター(Yモバイル)の電波受信も良好。

磯部温泉見晴館、部屋のテーブル

単身泊では十分な広さのお部屋。持ち込んだ飲み物を入れておけるスペースのある冷蔵庫で助かりました。滞在中はこの机の上にノートパソコンを置いてひたすらお仕事。

1時間程度仕事をし、温泉へ。部屋へ戻りまた仕事、そして温泉。仕事が片付いたのは夜11時頃。でも自宅でやっていたら翌日に持ち越していたと思います。「やっぱり温泉での仕事ははかどる」と、ひとり納得し、就寝前最後の温泉へ。

またもや満足の温泉泊

翌日はゆっくり朝寝坊。10時にチェックアウトし、のんびり下道をドライブしながら埼玉へ。

宿泊費用は楽天ポイントを少し使い7,540円。(プラス現地にて入湯税を少々支払ったと思います)

磯部温泉は、世界遺産に登録された富岡製糸場からも近いので、時間に余裕がある人は訪れてみてはいかがでしょう。

今回も仕事は進み、温泉で体の疲れも取れ、いつもと違う景色を眺めて気分も変えられました。

夜、地元で気張らしに飲みに出かけてしまえばまあそこそこお金は掛かります。近所でくすぶっているより、ちょっと遠出して一泊。するとリフレッシュ具合が全然違います。

ゴールデンウィークはどこも混雑そして料金も高いので、今度はGW明けにまた近県の温泉に泊まりに行ってみようかなと考えてます。

もしくは、格安航空券を使って、もう少し遠方にしてみようかなとも予定中。

今回利用した宿:磯部温泉 ふわふわ豆腐鍋のおいしいお宿 見晴館

スポンサーリンク

シェアする

フォローする