Windows 7搭載の中古ノートパソコンという選択肢

今年中には発売予定となっているWindows新OSのWindows 10。Windows 8 / 8.1をブラッシュアップさせたものと伝えられています。

私自身はWindows 8に対してそれほど悪い印象は持っていません。8.1では起動直後から従来通りのデスクトップ画面を表示できることも可能になり、使いやすくなっていると思います。

ただはやはり、Windows XPに愛着を持っていた方には、Windows 7のルック・アンド・フィールと操作体系が好ましく思えるのも非常に良く理解できます。

「できればWindows 7を使いたい」という場合におすすめしたいのが中古パソコン。特にWindows 7がインストールされた中古ノートはかなりおすすめです。

スポンサーリンク

Windows 7中古ノートパソコンおすすめの理由

数年前のノートパソコンであれば、最新モデルと遜色ない性能

最新のインテルCoreプロセッサは「第6世代Intel Coreプロセッサ」(通称Skylake)。

第5世代のインテルCoreプロセッサはBroadwell、第4世代CoreプロセッサはHaswellと呼ばれています。

世代を重ねるほど性能や消費電力の少なさに優れていますが、ネット閲覧やOfficeアプリケーションを使う上で差を感じることはあまりありません。

すでにHaswell世代のCoreプロセッサを積んだノートパソコンも中古で出回っています。最新のCoreプロセッサを積んだ新品に比べ、安価に性能の高いノートパソコンを入手しやすい状況にあります。

Windows 7の使いやすさ

Windows 8搭載の中古ノートも出回っていますが、Windows 7搭載モデルの比率が高くなっています。

慣れを必要とせず、使いやすい環境を利用できるのは中古ノートのメリットでしょう。

安価に入手し安価にカスタマイズ

中古ノートで主流となっているのは、ハードディスクドライブ搭載機種。

HDDをSSDに載せ替えるだけで、非常に快適な環境が手に入ります。SSDに換装すると、本体起動時やアプリ起動時の速さが段違いに。

ユーザーが裏蓋を開けることが困難な機種を外して中古ノートを購入し、SSDへ換装すれば数年前のノートパソコンとは思えない使い心地になります。メモリ増設も同時に行えば、さらに快適度アップ。

中古ノートパソコンを安心して買うには

機械モノは新品中古問わず、「当たり外れ」は存在します。100%大丈夫ということはありません。

ただ、中古品とは言え、初期不良だけは購入店に対応を確実にお願いしたいもの。

私が中古ノートを買う際にいつもチェックしたり利用しているのが、イオシスさんです。


中古ノートを購入したことのない人がイオシスさんのネットショップをチェックすると、バナーに書いてある通り「結構安い!」を実感するのでは?

Win 7搭載、メモリ4~8GB搭載のノートパソコンで検索すると、かなりの数が在庫されています。(在庫数は時期によってかなり変動します)

薄型軽量にこだわらないのであれば、とても選びやすい状況です。

在庫機種から気になるものを数個ピックアップ。機種名でGoogle検索。するとSSDへの換装がしやすい機種なのか、搭載できるメモリ量の上限、液晶画面の品質や本体の質感について、たくさんの情報が出てくるでしょう。本当に良い時代になりました。

見つけた情報から、自分に使いやすい機種を絞り込み、イオシスさんで選ぶというのが上手な買い物方法です。

イオシス独自の保証も

イオシスで販売されているパソコンには、中古品についてランク付けがされています。

中古A、中古Bランクはショップ保証3ヶ月付き。3ヶ月間、無償修理と交換保証が付いているのは初期不良品に対しての備えとして安心です。

最近はWebブラウザ上で行える作業が非常に増えました。まさにChromebook的な使い方をWindowsノートでも行う機会が増えています。

本体上での処理や作業が少なく、ブラウザ上での作業やネット閲覧の機会が多いという人は、中古ノートの購入も頭に入れておいて損はないでしょう。

>>イオシス保証付き中古ノートパソコン一覧はこちら