隙の無い完成度 ThinkPad X1 Carbon 2015年モデル(X1 Carbon 3rd Gen)実機レビュー

レノボThinkPad X1 Carbon 3rd Gen 2015写真
カーボン素材を用い、軽量かつ薄型、デザイン性にも優れたノートパソコンが、レノボThinkPad X1 Carbon。

「X1 Carbon」としては第3世代目となるこのモデル。「ThinkPad X1 Carbon 3rd Gen」と呼ばれているノートパソコンです。

(レノボ公式直販サイトでは「最新世代 ThinkPad X1 Carbon」という表記になっています)

今まで発売されたすべてのThinkPad X1 Carbonに触れており、昨年モデル(第2世代、「新しいThinkPad X1 Carbon」と呼ばれていました)ユーザーでもあります。

最新のThinkPad X1 Carbonをいじってみて、やや嫉妬混じりのレビューになりますが、購入検討されている方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

X1 Carbon 2015年モデルはネガをつぶした隙のない完成度

前モデルのThinkPad X1 Carbonを持っている身としては、この2015年モデルを日常で使ってみて、モノとしての良さをひしひしと感じてしまいます。

搭載されているCPUは第5世代インテルCoreプロセッサ(Broadwell)。Broadwellは、動画変換時の性能やバッテリー駆動時間の向上が見られます。

モバイルノートとして使われることも多いThinkPad X1 Carbonでは、バッテリー駆動時間の向上は歓迎される点。約17.8時間(JEITA1.0)のバッテリー駆動という表記がされていますので、半分としても8時間程度はバッテリーのみでの利用が可能かと。

手に触れる部分の改善は高評価

パソコンに限らず、電化製品や車など、メーカー側が「以前の形式は廃止。今後はこちら」とした機能は、ユーザー側から「戻して欲しい」「以前の方が良かった」という声をあげても、戻ることはまれ。

ところが、レノボは応えてくれました。2014年に発売された、大部分のThinkPadで廃止された左右独立したクリックボタン(ThinkPadクリックパッド)が復活!

2015年に発売された多くのThinkPadでクリックパッドが復活し、ThinkPad X1 Carbonでも再搭載されています。

ThinkPadを使う大きなメリットである、タッチパッド(トラックパッド)上部に設けられていたクリックボタンは、キーボード中央部にある赤いポッチ(トラックポイント)とあわせて使うことにより、キーボードに手を置いたまま、Windowsやアプリの様々な機能を使いこなすことが可能なすぐれもの。


トラックパッド上部の独立した左右クリックボタン。祝復活!(画像クリックで詳細へ)

2014年モデルのThinkPad X1 Carbonも、マウスと併用したり、トラックパッドに細かな設定を施すことで、ある程度の使い勝手は実現していましたが、やはり独立したクリックボタンがあると非常に便利です。

キーボード中央部のトラックポイントと左右クリックキーの組み合わせは、初めてThinkPadを使う人は少々戸惑うかもしれません。ただ、この2つに慣れてしまうと、とても効率的に様々なアプリを扱うことができます。

同程度のプライス・サイズ・重量でノートパソコン選びを迷った場合、ThinkPad X1 Carbonを選ぶ大きな理由になるとお考えください。

打鍵感、使い勝手とも良いキーボード

キーボードの良さについて語られることが多いThinkPad。X1 Carbon 2015年モデルも、以前と変わらぬ打ちやすいキーボードです。

2014年前モデルではファンクションキーがタッチタイプとなっていたものが、通常のキーボードの戻ったこともトピック。

大部分のユーザーには、通常タイプのファンクションキーが歓迎されるでしょう。(私はもう慣れました、タッチタイプのFnキー……)

軽くて薄いデザインの魅力は衰えず

私はThinkPad X1 Carbon 2014年モデルの他、Macも含め3~4台程度のノートパソコンを常用しています。

自己所有しているノートの中でも、ThinkPad X1 Carbonは飽きのこない優れたデザインだと感じています。第1世代モデルから触れていて、デザインに関しては非常にお気に入り。

(色合いは第1世代モデルが黒味が強く一番好みかも)

薄い一枚板のような質感ながら、堅牢さは問題なし。いつもながらのThinkPad品質でタフ。今回のThinkPad X1 Carbonも、MIL規格テストをクリア。

ThinkPadの堅牢性についてはこちら

長く使える「買い」なノートパソコン

X1 Carbonついては、第1世代はある程度の期間、昨年モデルの第2世代はすでに1年程度使っています。

今回、最新第3世代X1 Carbonを使ってみて、間違いなく「買い」なノートだとおすすめできます。

静粛性に優れたファンと、熱で不快になることの少ないボディはとても快適。HDMI端子も装備していますので、大型テレビへの接続も楽。


X1 Carbonに装備された各種端子。(画像をクリックでX1 Carbon詳細ページ)

SSD搭載モデルでPCIe接続タイプを選べば、イライラさせられるラグも少なく、様々な作業の効率もアップ。

今回使ったX1 CarbonはWQHD(2560×1440)対応の14型IPS液晶を搭載。ディスプレイの質も問題ありません。

ビジネスに、個人利用に、モバイルノートしてもメインで使うノートとしても応用の利くノートパソコンです。

リニューアルして使いやすくなったレノボ公式直販サイトでは、X1 Carbonについてさらに詳しくチェックでき、非常に大きな割引率のクーポンも入手できます。

ぜひ公式直販サイトで、ThinkPad X1 Carbon 2015年モデル詳細をチェックしてみましょう。

割引クーポンページ ThinkPad X1 Carbon

(リンク先、「モバイルノート」またはページ下部「ノートブックThinkPad」を選択するとX1 Carbon詳細を確認できます)