本体への充電とスマホへの充電が同時に行えるモバイルバッテリー Panasonic QE-AL102

Panasonic モバイルバッテリー搭載 AC充電器 QE-AL102画像

今回購入した製品。Panasonic モバイルバッテリー搭載 AC充電器 QE-AL102


以前より長持ちするようになったとは言え、いまだにスマートフォンのバッテリー持ち、バッテリー切れには悩まされることが多いですね。

外出先でスマホのバッテリーが切れそう!ヤバイ!という時、コンビニで販売されているモバイルバッテリーで当座をしのぐことはできます。

ただちょっと割高ですよね、コンビニで売られているモバイルバッテリー。

また、容量が大きく急速に充電できるタイプはお値段も高め。サイズも大きくて、重いものが多いです。

以前購入したスマートフォン充電用のモバイルバッテリー、そろそろ寿命が来そうということで、新たにモバイルバッテリーを購入してみました。

購入にあたっての条件は、

  • なるべく軽いモバイルバッテリー
  • 信頼できるブランドのもの
  • 買いやすい値段

こだわったのはこの程度。

「スマホを一度に満充電できずとも、重さは軽めかつあまりお値段の張らないもの」こ

こんな感じで選んでみました。購入したのはパナソニックのモバイルバッテリー。

スポンサーリンク

Panasonic モバイルバッテリー搭載 AC充電器 QE-AL102

今回購入したスマートフォン用モバイルバッテリーは、

Panasonic モバイルバッテリー搭載 AC充電器 QE-AL102

QE-AL102は4色あり、私はブルー×ブラウンを購入。青と茶色の配色、可愛い感じで気に入りました。

QE-AL102、ブルー×ブラウンの画像

ブルー×ブラウンを購入。

常用しているAndroidスマートフォンの充電用として買いました。もちろんiPhoneへも利用可。(Lightningケーブルは付属しません)

コンセントに接続すればスマホを充電しつつバッテリーへの充電を行える

品名に

「モバイルバッテリー搭載 AC充電器」

とあるように、このQE-AL102は電源プラグが付いています。プラグは可倒式。折りたためばプラグが出っ張ることもありません。

このバッテリー最大の特徴として、

「スマートフォンへの充電を行いつつ、モバイルバッテリーへの充電もできる」という点でしょう。

まずは付属のUSBケーブルを使い、QE-AL102とスマートフォンを接続。

バッテリーとスマートフォンをつないだら、バッテリーの電源プラグをコンセントに挿入。

バッテリーをコンセントに接続すると、まずはスマートフォンへの充電を開始。

スマートフォンへの充電が完了しそうになる頃、今度はバッテリーへの充電をスタート。

これひとつでかなり安心

今まではモバイルバッテリーと、スマートフォンを充電するための電源コードを持ち歩いていました。

2つ合わせてもさほど重くはありませんが、荷物はできれば減らしたいところ。

このQE-AL102があれば、コンセントから直接スマートフォンを充電するためのケーブルと、モバイルバッテリーがひとつにまとまります。

かばんの中がすっきりし助かりました。

バッテリー容量はさほど大きくない

こちらPanasonic モバイルバッテリー搭載 AC充電器 QE-AL102、電池容量1,880mAhとさほど大きなものではありません。

バッテリー満タン状態でスマホにつなぐと、70%程度まで充電してくれる感じです。

容量がそれほど大きくない分、電源プラグを備えつつ重量は約112g。持ち歩きに負担のない重さです。

ノンブランドのモバイルバッテリーで懲りたので

以前、格安ノンブランドなモバイルバッテリーを購入し痛い目にあいました。

まず、バッテリーの電池残容量を示すインジケーターがまったく当てにならず。

インジケーターでは満タンを表示しているのに、持ち出してスマホをつなぐとほとんど充電できず終了。

バッテリーへの充電時間も説明書に表示されている時間ではまったく完了しないなど、トラブル続き。

そんなハズレを引いて以来、モバイルバッテリーは信頼できるメーカーのものを選ぶようにしています。

今回購入したQE-AL102は今のところ快調。尖ったスペックを持つアイテムではありませんが、安心して使うことができそうです。