wpXレンタルサーバー、wpXクラウドにてPHP7導入

wpXレンタルサーバー、PHP7導入記事ヘッダー画像
レノボThinkPadについてのレビューやクーポン情報に特化したサイトに続き、別メーカーPCの情報やレビューサイトをオープン予定です。現在、サイト作りを進めている真っ最中。

新サイトの運営に利用するのはWordPress専用レンタルサーバー、wpXレンタルサーバー

当サイトでも今までに何度かwpXレンタルサーバーについてお伝えしています。

wpXレンタルサーバーに関する記事

「WordPressが遅い」

「WordPressで作ったサイトやブログの表示をもっと速くしたい」

「無料ブログからWordPressに引っ越したい」

このような人は、ぜひwpXレンタルサーバーについての過去記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

wpXレンタルサーバーでPHP7の利用が可能に

WordPressを高速に動かし、セキュリティ面も充実したwpXレンタルサーバー。今回、新たな機能についてのアナウンスがありました。

国内レンタルサーバー業者として初めて、PHP7を導入。契約ユーザーはPHP7をすでに使える状態になっています。

wpXレンタルサーバーの管理画面、PHPバージョン切り替え機能でPHP7を選択可能

wpXレンタルサーバー契約者はすでにPHP7を利用可能な状態になっています。

PHP5に比べ2倍以上の実行速度を誇るPHP7を、wpXレンタルサーバーやwpXクラウドで使えるようになりました。

(wpX運営元のメインサービス、エックスサーバーでもPHP7の利用が可能となっています)

「来年後半くらいかなあ」と考えていたPHP7の導入。レンタルサーバーでもう使えるようになるとは嬉しいニュースです。

価格も機能も納得のwpX

今からWordPressでブログやサイトを作りたい」という人なら、ぜひwpXレンタルサーバーを最有力候補として考えて欲しいところです。

WordPressのインストールは簡単。一瞬で終わります。

独自の高速化システムで、WordPressの表示は速く、自分でWordPress高速化処理をせずとも済みます。

WordPressダッシュボードへの不正ログイン防止機能など安心のセキュリティ対策も実装されています。

ダッシュボードへ不正ログインを試みる事例は非常に多く、当サイトでも3万件近く不正ログインを試みられています。

高性能・高機能なのに、wpXレンタルサーバーの月額料金はわずか1,000円(税抜、12ヶ月契約の場合)。コストパフォーマンスは抜群です。

wpXクラウドの検討も

すでにアクセスの多いブログ・サイトを運営しているなら、移転先としてwpXクラウドの検討もおすすめします。

SNS経由でのアクセスが跳ね上がることの多いサイト、普段はそれほどでもないが「バズる」機会がたまにあるというブログを運営している場合、アクセス過多でサイトやブログが表示されなくなるのは避けたいもの。

30万PV/月程度までアクセスをさばけるプラン(wpXクラウドグレードA)なら、月額わずか500円(税抜)と格安です。

WordPress移転、引っ越しも以前より楽に

「wpXが良いのは分かったが、WordPressの移転作業が面倒」

こんな人は多いはず。私もそうです。

通常通りの移転作業(phpMyAdminを使いデータをエクスポート)の他、WordPressプラグインのAll-in-One WP Migrationや、Duplicatorを使う方法もあります。

私も先日、Duplicatorを使ってwpXレンタルサーバーへ他のレンタルサーバーから運営中のサイトをひとつ引っ越しました。

wpXレンタルサーバーは無料お試し期間が14日間あります。

今使っているレンタルサーバーでのWordPress表示速度に不満があれば、無料お試し期間を使ってWordPressの移転・引っ越し作業をテストしてみてはいかがでしょう。

プラグインを使わない方法での移転作業については、wpXレンタルサーバーに詳しいマニュアルが備えられています。

WordPressの移転方法マニュアルはこちら>>wpXレンタルサーバー


スポンサーリンク

シェアする

フォローする