ポルシェ911(997)後期型の中古車を購入検討している方へ(前編)

ポルシェ911カレラS 997後期型、横からの写真
写真の整理をしていたところ、以前乗っていたポルシェ911(997カレラS後期型PDK)の写真がいくつか出てきました。

購入した車の写真をあまり撮らないのは悪い癖です。免許取り立ての頃、必死にアルバイトしながらお金を貯め、やっとの思いで購入した車達の写真を撮っていなかったのは本当に悔やまれます。

せっかく写真が出てきましたので、997カレラS後期型について、記憶をたどりつつ記事にしていきたいと思います。

ポルシェ911type997、特に後期型PDKの購入をお考えの人に少しでも役立てれば幸いです。

スポンサーリンク

997カレラS、私の使い方

私が乗っていたのは、997カレラS後期型です。ミッションはPDK、左ハンドル。

オプションとしてはスポーツクロノ、PASM、19インチホイールなど。

ポルシェ911カレラS type997後期型、スポーツクロノパッケージに装着されるクロノ画像

スポーツクロノパッケージはダッシュボード上にストップウォッチが装着されます。

この997カレラS、足として毎日乗り回しました。

東京・埼玉を起点に、青森や四国まで自走したり、真夏も冬も使用。酷使したと言える乗り方だったと思います。

泥まみれの997カレラS写真

フラットなダートや、ぬかるみまくりな場所にも気にせずどんどん乗っていきましたが、この日はさすがに汚しすぎ。帰宅後の洗車が大変でした。

サーキットは富士、岡山など8回ほど出向き、ポルシェスポーツドライビングスクールやポルシェレーシングエクスペリエンスにも参加。

ポルシェスポーツドライビングスクールのオフィシャルカーを撮影した写真

PSDS(ポルシェスポーツドライビングスクール)に参加した時に撮影した写真。写真に写っているポルシェはインストラクターが乗るオフィシャル車両です。

Bライ競技をやっている友人に付き合い、ジムカーナ場で1日中遊んだりも。ローンチコントロールもガンガン使いました。

岡山サーキットのパドックで撮影した997カレラS後期型の写真

これはたぶん岡山サーキットだと思います。ガンガン走ってもへこたれないのがポルシェのいいところ。

911はリアエンジンですので、フロント部分はカーゴスペースとなっています。そこにキャリーケースやカバンをめいっぱい積み込み、リアミラーの視界をさえぎるほど後部座席に荷物を詰め移動したりと、可哀想な使い方もしたりしました。

997後期型オーナーとしては、日常からサーキットまでかなり使い込んだのではないかと思います。

ポルシェ997カレラ、カレラSを購入検討中の方へ

ご存じの通り、ポルシェ911は現在「991」に移行済み。カレラ・カレラSは、991後期型からターボエンジンとなったのには驚かされました。

この記事では991のひとつ前、997を中古で買いたいとお考えの人に、維持費やメンテナンス、故障の有無についてお伝えしたいと思います。

故障、トラブルは少ない

いわゆる「外車」で良く言われる故障やトラブルの問題。

電装系や空調機器に関しては、国産車に比べ外車は故障やトラブルの頻度が高いと言われています。

ただ私が乗っていた997カレラS、トラブルの発生は皆無でした。

10万キロを超えてくるとまた話しは別でしょうが、所有している間、走りに支障をきたすトラブルに見舞われたことはありません。

今も997カレラ(後期型PDK)に乗っている知人がいます。走行距離は8万キロ程度。彼も「今まで特にトラブルはない」とのこと。

私が997カレラ後期型で耳にしたことのある大きめなトラブルとしては、

  • PDKの故障で載せ替え(耳にしたのは一件のみ)
  • ダイナミックライトの動作不良(こちらも一件だけ)

この2つです。

ただこの2つ、また聞きに過ぎませんので故障・トラブル詳細は不明。

ポルシェ911カレラS type997後期型のインパネ画像

997カレラS、夜間のインパネ画像。この時点で走行距離は49,000km程度。この距離に至るまで、特にトラブルの経験はなし。

中古で997を購入しようとする場合、前オーナーのメンテナンス具合に寄りますが、故障やトラブルに関してはあまり悩まなくても良いのではと思います。

タイヤ代は掛かります

後輪にドンと加重が掛かる911の良さは散々語られていますよね。リアエンジンならではのトラクションはやっぱり凄いです。

良さがあれば悪い面もあります。リアタイヤの消耗は激しいです。そしてリアタイヤが消耗してくると、ドライバーにその減り具合が非常に良く伝わってきます。

リアタイヤの消耗でフィーリングが悪くなってくると気になって仕方ありません。そしてタイヤ交換へと至る訳です。もちろん(通常は)Nタイヤへ交換。これが高い。

タイヤの減り具合、これも乗り方によって大きく違います。ただ、想像しているより摩耗は速く、交換が必要になるとお考えください。

ディーラーでタイヤ交換すると高いので、私は成城タイヤさんや他のショップで交換していました。

PDKはラク、楽しい

997は後期型からPDKが搭載されました。トランスミッションに関し、997はマニュアルまたはPDKの二択です。

前述した通り、私が乗っていた997カレラS、PDKのトラブルはありませんでした。

「絶対にMT!」という人でなければ、ぜひPDKをおすすめします。997前期型までのティプトロニックSとは異なるフィーリングを持っており、997中古車を検討する場合、PDKを必須項目として後期型を選んでも良いのではないでしょうか。

街中をのんびり走る時、PDKは低回転でポンポンとシフトアップ。スポーツやスポーツプラスモードにした場合は高回転まで引っ張りつつ、切れ目のない加速を体感できます。

ラクで楽しく、かつ速いとPDKはメリットばかりですのでぜひ検討してはいかがでしょう。

オイル代も多め

911の購入を考えている人ならこちらもご存じでしょう。

必要とするオイル量が多いため、交換時もオイル代は他の車より多く掛かります。ただ、タイヤ代よりは掛かるコストは低めですので、それほど神経質にならなくても大丈夫でしょう。

ポルシェ911(997)後期型の中古車を購入検討している方へ(後編)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする