Nexus 7(2013)そろそろ完売か。Nexus 7の代わりとなるタブレットをピックアップ。

コストパフォーマンス抜群で超ベストセラーなAndroidタブレットのNexus 7(2013)。

2万円を切る市場価格で軽量、鮮やかなディスプレイ、動きもサクサク。自分で使っていて非常に満足度の高いタブレットです。

まだまだ売れそうなNexus 7(2013)ですが、そろそろ販売終了の気配が。

Amazonほか、まだ在庫があり購入できるところもあります。Nexus 7(2013)指名買いの人は急いだほうがよろしいかと。

(在庫が少なくなるにつれ、販売価格も上がっているようです)

Nexus 7(2013)が販売終了となった時、どのAndroidタブレットを買えばいいのか。困っている人も多いと思います。

購入予算を上積みすれば選択肢は広がります。しかし安く手に入れたいのが人情。現時点でNexus 7(2013)の代わりとなりそうなAndroidタブレットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Huawei MediaPad T2 7.0 Pro

まず最初におすすめするタブレットは、Huawei MediaPad T2 7.0 Pro。

Huawei 7型 タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro ホワイト ※LTEモデル PLE-701L-WHITE 【日本正規代理店品】

画面サイズはNexus 7と同様7インチ。Nano SIM対応のSIMフリータブレットです。

1920×1080のIPSディスプレイ

MediaPad T2 7.0 Pro、お手頃価格ながら嬉しい点は、IPSで1920×1080解像度の鮮明なディスプレイを持っていること。

タブレットの場合、ディスプレイの表示品質が使い心地に直結します。Webを見る、アプリを使うどちらの場合にも満足できる液晶ディスプレイを搭載しています。

購入しやすい価格

MediaPad T2 7.0 ProのスペックはNexus 7とほぼ同等です。メモリは2GB、記憶容量は16GB。

最近発売されたことを考えれば、Nexus 7よりさらに上のスペックが欲しいところではありますが、その分価格はお手頃。

大手通販サイトでは2万円台中盤のプライスが付けられています。

扱いやすいサイズと重さ

7インチ程度のAndroidタブレットが重宝されるのは、そのサイズと手にした時に負担のない重さゆえ。

MediaPad T2 7.0 Proの本体サイズは10.6×18.7cm。重さは約250g。軽量コンパクトなため、持ち運んで使うのも苦になりません。

SIMフリー、通話も可能

MediaPad T2 7.0 ProはSIMフリーなAndroidタブレットなため、いわゆる格安SIMを使ってのネット接続が可能。通話SIMを選べば通話も可能です。

楽天モバイルではMediaPad T2 7.0 ProとSIMのセット販売を行っていますので、SIMと合わせて購入したい場合はチェックしてみましょう。

在庫が少ないのが難

価格と性能のバランスが良いことから、MediaPad T2 7.0 Proは人気となっています。

購入者レビューでも非常に評価が高いことから強くおすすめしたいのですが、難点は在庫が少ない・在庫切れとなっているショップが多いこと。

この商品に関しては値下がりを待つのではなく、「欲しい時が買い時」のスタンスで考えた方が良いかと思います。

ASUS タブレット ZenPad 8 Z380KL

次にご紹介するAndroidタブレットはASUS ZenPad 8 Z380KL。

ASUS タブレット ZenPad 8 Z380KL ブラック ( Android 5.0.2 / 8inch / Qualcomm Snapdragon 410 / RAM 2GB / eMCP 16GB / LTE対応 ) Z380KL-BK16
(ASUS ZenPad 8 Z380KLのレビューや価格は画像をクリックしてチェック)

ややこしいことに、ZenPad 8にはいくつかのバリエーションが存在し、かつ「ZenPad S 8.0」というモデルもあります。(8の前にSがつく)

ここでご紹介するのは、「ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)」です。

8インチIPS液晶

解像度が1,280×800とやや低めながら、IPS液晶の質は問題なし。Corning Gorilla Glassを採用した鮮やかで見やすい画面です。

ZenPad 8 Z380KL、ディスプレイ部分の画像

LTE対応SIMフリー、通話もできる

ZenPad 8 Z380KL、一番のトピックはLTE対応のSIMフリータブレットであること。

2万円半ばの価格でSIMフリータブレットが買えるのはお得と言えるのでは?

格安SIMを契約し、スロットにSIMカードを差し込めば、モバイルルーターやWi-Fi環境がなくてもネットにつなげられます。

通話対応SIMを契約すれば通話も可能です。

8インチサイズのタブレットですので、画面を直接顔に当てて通話というのは現実的ではありませんが、マイク付きイヤホンやBluetoothヘッドセットをつなげれば、スマートフォンと同様に通話もできます。

音声通話可能なSIMや、SMS対応SIMであればLINEを使う際も簡単。

ZenPad 8 Z380KLに限らず、

「タブレットを安く買って、通信費も節約したい」

このように考えている人は、各種タブレットと格安SIMのセット販売が充実した楽天モバイルが手続きも簡単でおすすめできます。

楽天モバイルなら、ZenPad 8 Z380KLに対応した

  • 通話もできるSIM
  • LINEを使うのに便利なSMS付きSIM
  • データ通信専用SIM

これらのSIMを選べます。さらに、ZenPad 8 Z380KLですぐにネットが楽しめる初期設定済み。パソコンやネットに詳しくない人でも、ZenPad 8 Z380KLですぐにネットを楽しめます。

「モバイルルーターを持っていない」

「Wi-Fi環境のない場所でZenPad 8を使いたい」

このような場合なら、楽天モバイルでZenPad 8 Z380KLとSIMのセット購入をおすすめします。



ディスク16GB、メモリ2GB、Googleドライブ100GBが2年間無料

ASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)、メモリは2GB。記憶容量は16GB。

Googleドライブ100GBの2年間無料利用権もついてきます。

(楽天モバイルで発売されているASUS ZenPad 8.0 (Z380KL)はメモリ1GB、記憶容量8GBとなっています)

単体で通信できるのは便利

契約済みのSIMを挿入すれば、モバイルルーターやテザリング不要でタブレット単体でのネット接続ができるのは便利。

「10インチタブレットは大きすぎる」という人や、今まで7インチサイズのAndroidタブレットを使っていた人の移行先としてはちょうど良いサイズだと思います。

気になるのは、ショップによってすでに在庫薄/品切れとなっている点。各社ともAndroidタブレットの製造台数を絞り込んでいるという噂を耳にしますので、欲しい人は急いだ方がよろしいかもしれません。

自分が望む使い方にこのタブレットが適しているかどうかは、レビューをチェックをするのが一番。購入者レビューは下のリンクからどうぞ。

レビューはこちら>>ASUS ZenPad 8 Z380KL

Amazon Fire HD 8 16GB

Google Playが(原則として)使えなくてもいい、Amazonプライム会員である、そのような場合にはAmazon Fire HD 8も選択肢のひとつです。

私は先日、Fire HD 8より安価なFire タブレット 8GBを購入。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazonプライム会員ですので、プライム・ビデオやPrime MusicをFireタブレットで楽しんでいます。

まあ何より価格が安い!Fire タブレット 8GB、通常価格は8,980円。プライム会員なら4,000円オフになり、実質価格は4,980円。「Amazonのコンテンツ閲覧端末」としては満足しています。

ただし、「初めてのタブレット」としてはもう少々予算を上げて、Fire HD 8 タブレット 16GBをおすすめします。

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック
(こちらがFire HD 8。価格やレビューチェックは画像をクリック)

Google Playをどう考えるか

Amazonのタブレット各製品、OSにはAndroidをベースとしたFire OSが採用されています。

Amazonのコンテンツやサービスを楽しむには問題ありません。以前に比べFire対応アプリの数も増えてきました。

ただし、購入後そのままの使い方ではGoogle Playからアプリをインストールすることはできません。(不可ではありませんが、対応方法は省略)

私の場合、Androidをベースとしたタブレットを使う際、どうしても必要なアプリがAmazonアプリストアのFireタブレット対応アプリに存在しましたので問題なし。

Fire HD 8購入前、自分がGoogle Playとの付き合いがどの程度なのかを考えてみる必要があります。

microSDを活用すれば8GBモデルでも。

Fire HD 8はmicroSDカードスロットを備えています。128GBまでのカードに対応。

microSDカードを上手に使えば、安価な8GBモデルでも問題ないでしょう。今まで他のタブレットを使ってきて、記憶容量が多い方が良いという人は16GBモデルを。

価格満足度は高し

Fire HD 8 16GBモデル、販売価格は21,980円。この性能とサイズ、プライム会員になれば楽しめるビデオや音楽の豊富さなど、価格満足度は高い商品と言えます。

iPad並みの画質やクオリティは望めませんが、プライムサービスと合わせて考えれば合格だと思います。

詳しくはこちら>>Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

スポンサーリンク

シェアする

フォローする