気持ち良さ抜群の絶品キーボード 富士通FMVノートパソコン WA3/W(短評)

いやー、キーボードがいい!このノートパソコン。

キーボードがいいと、作業の進みも早いのを実感してます。使って気持ちいいキーボードを持つのは、富士通FMVノートパソコンAHシリーズのLIFEBOOK WA3/W。

icon
icon

「WA3/W」は富士通公式直販サイトでの機種名になり、店頭でチェックできるカタログモデルはLIFEBOOK AHシリーズ AH77/Wとなります。

普段はモバイルノートを使うことが多く、いわゆる「ホームノートパソコン」を使う機会があまりありません。

ホームノートの定義は様々ですが、ここでは14~15.6型サイズ、持ち運び用の軽いノートパソコンではなく、自宅やオフィスに置いて使うタイプのノートパソコンとお考えいただければと。

富士通LIFEBOOK WA3/Wを使ってみて

WA3/W、今回はざっくりした感想、短評で。メリットデメリット含めたきちんとしたレビューは後日アップします。

LIFEBOOK WA3/Wレビューをアップしました。

通常クーポンより大きな割引となる、当サイト限定のシークレットクーポンコードも掲載しています。

何と言ってもキーボードが気に入りました。

今使っているノートパソコンはSONY時代のVAIO Pro 13(法人モデル)とThinkPad X1 Carbon。他にMacBook Proも使ってます。

この中で一番使う機会が多いのはVAIO Pro 13。

軽く薄く、SSDとCore i7のおかげで動きもキビキビ。デメリットはそれほどありませんが、難はキーボード。ちょいと「ペチペチ感」が強いんですよね。

タイピングし続けていると指が痛くなる感じなのです。実際には痛くなりませんが、底打ち感が伝わりやすいと言うのでしょうか。

もっと優しくスムーズにタイピングすればいいのでしょうけど、スピードを上げてタイピングしているとキーボードを強めに叩くクセが出てしまいます。そんな時、少々不快感。

今回使ったLIFEBOOK WA3/Wは、そんな強いタイピングもしっかり受け止めつつ、心地良さを指に伝えてくれます。

下の写真を見てもらえば一目瞭然。深めのキーが装着されてます。

富士通LIFEBOOK WA3/Wキーボード部分のアップ写真

一般的なノートパソコンより深めで打ちやすいキーボード。

当サイトの記事いくつかをLIFEBOOK WA3/Wを使ってアップしました。文字入力がいつもよりはかどる!びっくりしました。

「良いキーボードとは?」に対して答えるのは難しいところ。良い悪いと言うより、相性もありますしね。自分にはWA3/Wのキーボードがぴったりでした。

実際、メーカーとしてもこのキーボードはアピールしている部分です。店頭でチェックできるカタログモデルのAH77/Wも同じキーボードを搭載していますので、ぜひ触れてみてください。

性能も文句なし

液晶部分の品質もLIFEBOOK AHシリーズの中では一番。下位モデルとはクオリティが違います。

CPUはCore i7。インテル最新世代(Skylake)のCPUです。HDDはハイブリッドタイプで1TBの大容量。充分以上、不満なし。

ホームノートとして甘くみるのはもったいない

自戒も込めてになりますが、Windows OS最新ホームノートを見ても

「うーん、そういうのはいいかな」

なんて感想を抱きがち。私もその傾向にあります。

でもWA3/Wは、手に触れる部分の仕上がり良し、使い心地の満足度高しなホームノートです。音もいいです。

自宅で使うWindowsホームノートパソコンを探しているなら、選択肢のひとつとして入れて間違いありません。

詳しくはメーカーサイトをどうぞ。

>>富士通 AHシリーズ LIFEBOOK WA3/Wicon

(カタログモデルのAHシリーズAH77/Wもチェックできます)