Kindle Paperwhite 届いてまだ数日ながら、手放せなくなった電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite、パッケージ画像
わたしの場合、本を買う、本を読むという行為がAmazonやAmazonのサービスに依存しまくりです。

古書店を巡った際、興味をひかれた本を買う機会もあるものの、Amazonで本を買う頻度は増えるばかり。

最近は実物の本と電子書籍(Kindle版)が併売されているものに関しては、進んでKindle版を購入してしまいます。

Kindle for PCの画面

Windows用のKindleアプリ画面。最近、闇金ウシジマくんのKindle版をまとめて購入しました。

よって読書は、パソコンでもスマホでもKindleアプリを使う機会多数。

Kindleアプリを使って読書をする場合、スマホ版アプリを利用する機会がほとんど。

Amazonで買ったKindle本をスマホで読むことに不満はさほど感じていませんでしたが、読書中、電話着信に邪魔をされたり、他のアプリからの通知を目障りに感じたりすることが増えてきました。

また、視力低下や、悲しいことに老眼が進んできたのを感じ、スマホより目に優しくかつ大きな画面でKindle本を読みたい欲がふつふつと。

そこで今さらながら、電子書籍リーダーのKindle Paperwhiteを購入してみました。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteを選んだ理由

Kindleの名前が付けられた電子書籍リーダーは複数存在します。

わたしが購入したKindle Paperwhiteをはじめ、Kindle、Kindle Voyage、そしてKindle Oasis。

これらの中からKindle Paperwhiteを選んだ一番の理由は、買いやすいお手頃な価格。Amazonプライム会員に向け、Kindle Paperwhite購入時に使える4,000円オフクーポンの存在も大きかったです。

すでにFire タブレットや、iPad、Androidタブレットも所有していることから、VoyageやOasisなど(Kindleの中では)高価格のものは不要と判断。

Kindle Paperwhiteの画面が見やすく読書しやすいものであることは、家電量販店の店頭で確認済みでしたし、購入コストを抑えられるPaperwhiteを選びました。

購入したのはKindle Paperwhite Wi-Fi キャンペーン情報なしモデルです。

Kindle Paperwhite、パッケージ全体画像

今回購入したKindle Paperwhite。

自宅は無線LANルーターがありますし、外出した際はスマホのテザリングを使いますので、3GGモデルではなくWi-Fiモデルを選択。

Kindle Paperwhiteを利用してみて

専用デバイスはやはり良い

Kindle Paperwhiteで読書をするようになり、一番良かった点は、スマホアプリでKindle本を読んでいた時と違い、読書に専念できるという点。

スマホアプリと違い、着信や通知に読書を妨げられることなく、本やマンガの世界に没入できます。

ストーリーの山場。ドキドキしながら読み進めている時に着信が入り、「あーっ……」とがっかりすることはなくなりました。

読書画面に様々な通知が入らないだけで、快適さがこれほどアップするのかと驚いています。

読書しやすく目に優しい画面

Kindle Paperwhiteの画面は、光沢のないマットなe-inkスクリーンです。

店頭販売されているPaperwhiteをテストし、目への負担は少ないことは理解していました。実際に購入し読書に用いてみると、店頭で試した時よりさらに目への負担が少ないことを実感しています。

Kindle Paperwhite、北大路 魯山人「料理する心」本文アップ画像

Kindle Paperwhiteの画面を撮影。読みやすく目が疲れにくいのを実感しています。撮影した書籍は北大路 魯山人の「料理する心」。Kindle版は無料で読むことができます。

負担の少なさを何か数値で示せるわけではありませんので、体感でしか述べられませんが、目の疲れにくさは確かに感じています。

画面の見やすさも予想より良いものでした。

Kindle Paperwhiteの画面を斜めから撮影

Kindle Paperwhiteの画面を斜めから撮影。室内はもちろん、屋外でも文字を読みやすい画面。本体にはカバーを装着した状態です。

太陽の光が降りそそぐ屋外でも、文字の見にくさは経験していません。

本体カバーもおすすめ

Kindle Paperwhiteとあわせて、Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー(カラーはミッドナイトブルー)も購入しました。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)画像

本体とあわせて購入したAmazon Kindle Paperwhite用レザーカバー。カラーはミッドナイトブルー。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバー、ミッドナイトブルー (Kindle Paperwhite専用)、裏側にあるKindleの文字

専用カバー裏側、本体画面に触れる部分にKindleの表示あり。

カバーを装着することにより、

「カバーを開ければ画面オン・閉じればオフ(スリープ)」

このような状態となります。

Kindle本を読んでいる最中にカバーをぱたんと閉じれば、そのページでスリープ状態。カバーを開ければ、画面がパッと点灯。その後すぐ、読書中だったページが表示されます。

「キャンペーン情報あり」バージョンのKindle Paperwhiteを選ぶと、カバーを開けて読書中だったページを再表示させるのにワンアクション必要になる模様です。

余計な動作をしたくないという場合は、キャンペーン情報なしモデルを選ぶ方が良いでしょう。

Kindle Paperwhite、純正カバーの金属部分

カバー向かって右側に、カバーを開ける際、指を掛けやすい金属パーツが取り付けられています。

Kindle Paperwhiteを使う際、とても便利かつ本体や画面の保護にもなるので、カバーの同時購入をおすすめします。

Kindle Paperwhiteに不満はありませんが……

Kindle Paperwhiteを購入後、本を読む楽しさはかなり充実しました。

電池持ちも良く、本体重量にも不満はありません。

ただですね、やはりと言うか予想以上というか、AmazonでKindle本をポチッと購入してしまう頻度はあがってしまいました……。勢いは加速中です。

まあ、いずれは買うべき本だっただろうから仕方ないかと自分を慰めています。

わたしのことは置いておいて、普段はスマホでKindleアプリを使い読書をしている人なら、手にして損のないデバイスです。

夏期・年末年始などの休暇中に旅行を予定している場合、荷物のひとつにKindleを加えることをおすすめします。旅先での読書を楽しみにしている人も多いでしょう。

Kindle本体にKindle本をダウンロードしておけば、旅先でネット環境がなくとも読書を楽しめます。

Kindle Paperwhiteに限らず、Kindle・Kindle Voyage・Kindle Oasisに関しては、購入した方のレビューが非常に参考となります。まずは購入者レビューをじっくりチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする