Surfaceより良い?レノボideapad MIIX 700が3万円キャッシュバック

Windowsタブレットとしてはもちろん、キーボードを装着し一般的なノートパソコンとしても使えるモデルは多数存在していますが、話題の主役は間違いなくMicrosoft Surfaceでしょう。

マイクロソフト Surface Pro 4 CR3-00014 Windows10 Pro Core i5/8GB/256GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC

Windows OS本家からの発売ということもあり、他のタブレットとは認知度も人気も格段に上。家電量販店でSurfaceコーナーを目にする機会も多いですね。

わたしの周囲でもSurfaceやSurface Proを入手し使っている人がかなりいます。

2in1 PCと呼ばれることもあるSurfaceやSurface ProのようなWindowsタブレット。

Windowsタブレットの存在が気になっている人へ、Surfaceとは違う選択肢としておすすめしたいのが、今回ご紹介するideapad MIIX 700です。

ideapad MIIX 700、シャンパンゴールド

ideapad MIIX 700。写真のカラーはシャンパンゴールド。



ideapad MIIX 700、エボニーブラック

こちらはエボニーブラック。

短時間の使用ですが、実機に触れることができましたのでレビューや感想をお届けします。

ideapad MIIX 700について詳しく紹介する前に、まずは【期間限定】の超お得なキャンペーンをお知らせしておきましょう。

ideapad MIIX 700、3万円キャッシュバックキャンペーン

ideapad MIIX 700を購入すると、3万円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンがスタートしました。

本体価格10万円台前半のモデルが多いideapad MIIX 700で、3万円のキャッシュバックは破格と言って良いでしょう。

3万円キャッシュバック対象となるのは、2016年9月11日(日)9月30日購入分まで。

(キャンペーン期間延長されました)

ideapad MIIX 700を対象期間内に購入後、特設ページからWebエントリーをし、その後必要書類を郵送するという流れです。

詳しくはideapad MIIX 700 3万円キャッシュバック案内ページをご覧ください。

ideapad MIIX 700の特色やメリット

タブレットとして、普通のノートパソコンとしても使いやすいideapad MIIX 700。

ideapad MIIX 700の特色、特長やメリットをお伝えしていきます。

基本性能は高い

搭載されるCPUはインテルCore m3またはm5

タッチ操作が可能なタブレットとして重要な部分となる液晶ディスプレイは、12.0インチのフルHD+ IPS LEDバックライト(解像度2160×1440)マルチタッチ対応

ideapad MIIX 700、ペン利用シーン

タッチ対応ディスプレイは手書きメモやイラスト作成に便利。

ディスプレイの鮮明さは、納得のクオリティ。画像や動画などのコンテンツを楽しむのに、ideapad MIIX 700の高品質なディスプレイは最適です。

Core m3搭載モデルを今回使ってみましたが、ブラウザやMicrosoft Officeの各種アプリ(Word、Excel、PowerPoint)の動きも快適。

行数のかなり多いExcelファイルの編集を行ってみましたが、特に問題なし。

質感の高さはおすすめポイント

レノボの「ideapad」シリーズには、かなり低価格なノートパソコンがラインナップされていることもあり、コスト優先の仕上げや作りなのではと若干不安を覚えていました。

ところがideapad MIIX 700の実物の質感はかなり高いもので、安っぽさを感じさせる部分はありません。

無段階に調節できるスタンドが売りでもあるideapad MIIX 700。スタンドの無段階調節を実現するヒンジ部分は、

「腕時計のバンドのような印象的なデザインで、他のデバイスとは一線を画す設計です。」(ideapad MIIX 700製品ページより)

このようにアピールされている通りの印象を受けました。

ideapad MIIX 700のスタンド部分

ideapad MIIX 700のスタンドは無段階に調節可能。

ideapad MIIX 700、ヒンジ部分ディテール

時計バンドのような構造・デザインをしているヒンジ。

キーボード標準添付

キーボードが別売り、または他メーカーのBluetooth接続キーボードを用意しなければならないことも多いWindowsタブレット。

ideapad MIIX 700はキーボードを別途購入する必要なありません。キーボードと本体カバーの機能を備えた「フォリオキーボード・ケース」が、標準添付されています。

ideapad MIIX 700、キーボード接続時の画像

追加費用なしにキーボードが付属してきます。

Surface Pro 4との比較

デザイン・コスパ良しなideapad MIIX 700。

やはり気になるのはSurface、特にSurface Pro 4との比較でしょう。

CPU

Surface Pro 4と比較した場合、まず気になるのはCPUの違い。

Core i5やi7を選べるSurface Pro 4に対し、Core mのideapad MIIX 700。

CPUパワーを必要とする作業が多い場合は、Core i5やi7を積んだSurface Pro 4を選ぶことをおすすめします。

バッテリー駆動時間

Surfaceがideapad MIIX 700に勝っている部分として、バッテリ駆動時間があります。

Surface Pro 4とideapad MIIX 700を比べた場合、バッテリのみで駆動できる時間は、Surface Pro 4の勝利。

ideapad MIIX 700も最大約7.5時間(JEITA2.0)と、バッテリ駆動時間が短い訳ではありません。ただSurface Pro 4はさらに長時間のバッテリ駆動が可能です。

Surface Pro 4はWindows 10 Pro搭載

Surface Pro 4はOSにWindows 10 Proを採用(ideapad MIIX 700はWin 10 Home)。さらにOfficeも標準インストールされています。

ideapad MIIX 700は、オフィスの有無を選ぶ形に。ただ、Microsoft Officeに関しては、Office 365 Soloを選べば初期コストを抑えられます。

Office 365 Soloは2台のWindows PCまたはMacと2台のタブレット(iPad、Android、Windows)、2台のスマートフォンで利用可能です。

ideapad MIIX 700の割引クーポン

期間限定3万円キャッシュバックに加え、ideapad MIIX 700もメーカー公式直販サイト、レノボ・ショッピングで割引クーポンが発行されています。

Core m搭載のWindowsタブレットとしては価格的なメリット多数のideapad MIIX 700。

まずはキャンペーンとクーポンの割引率をチェックしてみましょう。

>>ideapad MIIX 700の割引クーポンとキャッシュバックキャンペーン

レノボ、ideapad MIIX 700さらに詳しいレビューも掲載しました。