ThinkPad X1 Yoga実機レビューと割引クーポン情報

ThinkPadシリーズの中でも、高性能なモバイルノートを揃えているのが「ThinkPad X シリーズ」。

Xシリーズを代表するモデルとして有名なのは、ThinkPad X1 Carbonでしょう。

X1 Carbonは2016年モデルで約1.18kgと、14型ノートとしては驚異的な軽さを実現しています。

ThinkPad X1 Carbon 2016年モデルの実機レビューはこちら

「X1」と同じネーミングを持ち、マルチな形状に変化させて使えるThinkPadが、ThinkPad X1 Yogaです。

先日、ThinkPad X1 Yogaをじっくり使う機会に恵まれましたので、「ThinkPad X1 Yoga実機レビュー」をお届けします。

ThinkPad X1 Yoga、Core i7シールクローズアップ画像

試用機はCPUに最新のCore i7を搭載。

※メーカー提供の試用機に基づくレビューです。

ThinkPad X1 Yogaの特長

ThinkPad X1 Yogaの特長は多数。最新の第6世代インテルCoreプロセッサ搭載、ThinkPad品質のボディ構造、セキュリティへの配慮、ビジネスノートとしての様々な工夫……などなど。

スペックの高さ、こだわりポイント多数ながら、ThinkPad X1 Yoga最大の個性は、ユーザーの使い方に合わせ4つの形状に変化させられるところでしょう。

  • ラップトップモード
  • スタンドモード
  • テントモード
  • タブレットモード

レノボ製ノートパソコンで「Yoga」と名前が付くモデルは、このように形状変化が可能。

ThinkPad X1 Yoga、4つのモード

ThinkPad X1 Yoga、最大の特色は4つのモードに形状変化させられるところ。

4つのモードで使えるYogaの便利さに、ThinkPad品質を合体させたノート、それがThinkPad X1 Yogaです。

ThinkPad X1 Yoga、外箱写真

ブラックの背景色にX1のロゴ。最近のX1シリーズは、パッケージデザインも秀逸。

ThinkPad X1 Yoga外箱のX1プリント部分写真

ThinkPad X1 Yoga外箱、レノボロゴ

外箱上部はブラック、下部はレッドのカラーリング。

ThinkPad X1 Yoga、同梱の小冊子

同梱されているリーフレット。外箱同様、X1のプリント。

ThinkPad X1 Yoga、同梱リーフレット

Welcome!から始まるリーフレット。

ThinkPad X1 Yoga、同梱リーフレットにあるDavid Hill氏サイン

Chief Design Officer、David Hillからのメッセージがプリントされています。

使うと実感、”Yoga”の便利さ

わたし自身、オーソドックスなクラムシェル型ノートを好むこともあり、ThinkPad X1 Yogaのように形を変えられたり、2in1タイプのノートにさほど興味は持っていませんでした。

ところが使ってみると、これが非常に便利!

メインの作業はラップトップモード。タッチパネルを生かした対面プレゼンの場合はテントモードやスタンドモードに変更。

精細なディスプレイに表示された動画や電子書籍などのコンテンツを楽しむ時はタブレットモード。

ThinkPad X1 Yoga、タブレットモードの写真

タブレットモードに変化させたX1 Yoga。本体を手に持って動画を鑑賞したり、タッチ対応ディスプレイを活用する際にとても便利。

シーンに合わせた形に変更し使い続けると、自分の持っている普通のノートパソコンも画面をくるっと回転させてみたくなってきます。

なお、各モードへの変更は簡単。ボタンを押したりする必要はありません。

モードに合わせ、キーボードを自動的に格納

単純ながら良く考えられた作りだと感心させられるのが、「ラップトップモード→タブレットモード」への変化に合わせ、キーがボディ内に引き込まれ格納される仕組み。

キーボード部分がデスクや膝上、指などに接触することになるスタンドモードやタブレットモードの際、間違ってキーがタイプされ思わぬ動きをしないような配慮がなされています。

ThinkPad X1 Yoga、ラップトップモードでのキーの状態

ラップトップモードでのキー位置。通常のノートパソコンと同様な高さ。

ThinkPad X1 Yoga、タブレットモードでのキー状態

タブレットモードにしたThinkPad X1 Yoga。キーが本体に引き込まれ、ロックされます。この工夫により、キーの誤動作を防ぐことができます。

性能や使いやすさは文句なし

ノートパソコンとしての基本性能や各パーツの構成は、ハイエンドモバイルノートにふさわしいものとなっています。

CPUやディスプレイの性能に不満を感じることはないでしょう。2016年最新ノートとして一線級以上の性能を確保しています。

ThinkPad X1 Yoga、ヒンジ・レノボロゴ部分写真

ヒンジなど可動部分の耐久性抜群なのは、ThinkPadユーザーならご存じの通り。最近のThinkPadは、レノボロゴが天板下部に移動しています。

CPUは最新の第6世代インテルCoreプロセッサを採用。

試用機はCore i7-6500Uを搭載し、満足できる性能を見せてくれました。ThinkPadを使っていつも感心する、高負荷時でも耳障りになりにくいファンの音質。今回使ったThinkPad X1 Yogaも同様でした。

精細で見やすいWQHD液晶

試用機のディスプレイは、14.0型WQHD液晶 (2560×1440 IPS) マルチタッチパネル(10点)。

マルチモードに使えるThinkPad X1 Yogaのディスプレイは、もちろんタッチ対応。さらに2560×1440高解像度は写真や画像を表示させると、鮮明さが際立ちます。

ThinkPad X1 Yoga、ラップトップモード時のディスプレイ

ThinkPad X1 Yogaのディスプレイデジカメでサッと撮影した画像。視野角の広い、鮮明なディスプレイなのがお分かりいただけるはず。

低価格帯ノートに採用されることの多い、1366×768解像度ディスプレイ採用ノートを普段使っている人がThinkPad X1 Yogaに乗り換えると、その表示品質の素晴らしさに驚くことでしょう。

PCIe接続SSD

試用機には、オプション扱いになっている「PCIe接続SSD」が搭載されていました。

ファイルサイズの大きなPSDファイルの読み込み書き出しをさせたところ、わたしが普段使っているSATA接続SSDノートより明らかに高速。

テキストファイルを数個開くなどの作業では、PCIe接続SSDの恩恵を感じるのは難しいかもしれませんが、ファイルサイズの大きな画像を扱う機会の多い人は、ぜひ検討して欲しいオプションです。

(PCIe接続SSDなどのオプションはThinkPad X1 Yogaカスタマイズページでチェック可能です)

キーボードほか、ThinkPadならではの使いやすさは変わらず

形を変えられることに目が行きがちなThinkPad X1 Yogaですが、セキュリティへの配慮やタイピングしやすいキーボードなど、ThinkPadならではのクオリティは変わりません。

セキュリティー・チップ(TPM)や指紋センサーを搭載。

ThinkPad X1 Yoga、指紋センサー

ThinkPad X1 Yogaに搭載された指紋センサー。

キーボードは他のThinkPad同様、質の良さを感じさせるものとなっています。

ThinkPad X1 Yoga、トラックパッド部分の写真

左右独立式のクリックキー。これが非常に使いやすく、作業効率アップにつながります。キーボード中心に備わったトラックポイント+左右クリックキーでの操作に加え、フラットなトラックパッドでの操作も可能。ThinkPadに慣れている人も、そうではない人も安心して使うことができます。

ThinkPad X1 Yoga、バックライト付きキーボード

バックライト付きキーボードは、部屋を暗くしてのプレゼン時や、照明を落とした場所での作業に役立ちます。

ThinkPad X1 Yoga、おすすめの構成

ThinkPad X1 Yogaは嬉しいことに、販売の中心となるのが日本国内米沢工場生産モデルです。

ThinkPad X1 Yoga、米沢生産

販売の中心は国内米沢工場製となるThinkPad X1 Yoga。>>ThinkPad米沢生産についてはこちらへ

自分好みのカスタマイズを施し注文した場合でも、国内工場からの発送となるため、以前より短納期になったのは嬉しい点。

また、公式直販サイトの優れている点として、用途や予算に合わせたカスタマイズを施されたモデルがすでにラインナップされているところでしょう。

「ハイパフォーマンス」「ベーシック」などのパッケージに加え、メモリ増量モデルや大容量SSDモデルが販売されます。

細かな仕様発注をせずとも、使い方や予算に合わせたモデルを簡単に選ぶことが可能です。

様々なパッケージが存在するThinkPad X1 Yoga。当サイトおすすめのパッケージをご紹介してみましょう。

ThinkPad X1 YogaのOSはWindows 10 Home 64bitが標準インストールとなっています。必要に応じ、Windows 10 Proを選択してください。

ベーシックながら必要充分のカスタマイズ

  • CPU:インテル Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
  • メモリ:8GB LPDDR3 1866MHz (オンボード)
  • ディスプレイ:14.0型WQHD液晶 (2560×1440 IPS) マルチタッチパネル(10点)
  • ストレージ:192GB ソリッドステートドライブ SATA
  • ワイヤレス:インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応

価格を抑えつつ、ThinkPad X1 Yogaの美味しいところがすべて得られるカスタマイズです。

192GBではSSD容量が足りない……という場合は、256GB~へ変更を。

ハイパフォーマンスで不足のないカスタマイズ

  • CPU:インテル Core i7-6600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
  • メモリ:16GB LPDDR3 1866MHz (オンボード)
  • ディスプレイ:14.0型WQHD液晶 (2560×1440 IPS) マルチタッチパネル(10点)
  • ストレージ:512GB ソリッドステートドライブ (PCIe-NVMe)
  • ワイヤレス:インテル Tri-Band Wireless-AC 18260(2×2、WiGigおよびvPro対応) + Bluetooth 4.1

CPUはCore i7、メモリ量を16GBへ。基本スペックを高くしたこのカスタマイズは、どのような用途でも満足できるはず。

今回わたしもCore i7搭載ハイエンドモデルを使いましたが、非常に満足できる性能でした。

SSDはPCIe接続512GB。高速かつ大容量ストレージは、画像や動画の保存・編集などに不安を感じさせません。

「ワイヤレス」で選択したTri-BandのWiGig対応セットは、最新X1シリーズのトピック、WiGigを使いたい人には必須です。

WiGigの便利さについては、別ページThinkPad X1 Carbon実機レビューに詳しく掲載しているので、そちらをご覧ください。

ThinkPad X1 Yogaの割引クーポン

マルチな形状で様々なシーンに適応した使い方ができるThinkPad X1 Yoga。

ThinkPad X1 Yogaも、他のThinkPad同様、公式直販サイトのレノボ・ショッピングでWeb限定の割引クーポンが発行されています。

本記事公開時点で、ThinkPad X1 Yogaに対しては30%を超える割引率のクーポンコードが公開されています。

ThinkPad X1 Yogaの割引クーポンコード入手方法

まずはレノボ・ショッピングの

「Web広告限定ストア」にある

「モバイルノート」を選択しましょう。

モバイルノート内に、ThinkPad X1 Yogaのクーポンコードが表示されます。表示されたクーポンコードを控えておくか、コピーしてご利用ください。

>>ThinkPad X1 Yogaの割引クーポンを入手できるWeb限定広告ストアはこちら